懐かしのゲーム紹介『アレイウェイ』




アレイウェイ

■一言MEMO

内容はブロックくずし。
パドル(ボールを跳ね返す、横長い棒の自機)
にマリオが乗り込み、ボールを跳ね返して
ブロックを崩していく。操作は十字キーの左右で
行い、Aボタンを押しながら移動で加速、Bボタンを押しながら移動で減速となる。4ステージ以降から、天井にボールが当たるとパドルが短くなり、ボールを跳ね返すことが難しくなる(ミスをすると元に戻る)。ボールを下に落とすと1ミス。セーブ機能はなくコンティニューもできない。

白いブロックを破壊すると1点が入り、以降灰色ブロックが2点、黒いブロックが3点となる。残機は1000点取るごとに1UPする。破壊可能なブロックを全て崩せばステージクリアとなり、次のステージに進む。ブロックが下に下りるステージではある線を越えるとブロックが消えてステージクリアとなる場合もある。ステージ構成は、通常ステージが1マップ×3パターン×824ステージに、ボーナスステージが8ステージの全32ステージとなっている[2]。なお、最終ステージをクリアすると最初に戻り、ゲームオーバーになるまで無限ループする。

通常ステージのパターンは3つあり、13の順に登場し、これが8回繰り返される。
  1. 通常の1画面ステージ
  2. ブロックがスクロールするステージ
  3. ブロックが下に降りてくるステージ
ボーナスステージを構成するブロックは
スーパーマリオシリーズのキャラクターが
表現されている。ボーナスステージは
通常のステージと異なる点がいくつかある。
  1. 時間制限があり、時間内にブロックを全て崩せばボーナス点が入る。
  2. ボールがブロックを貫通する。
  3. 天井にボールが当たってもパドルは短くならない。
  4. ミスをしてもステージが終わるのみで、残機が減ることはない。
  5. ポーズをかけることができない。
ジャンル ブロック崩し
対応機種 ゲームボーイ
メディア 256KbitROMカートリッジ
発売元 任天堂
開発元 インテリジェントシステムズ
発売日 1989年4月21日
定価 2,500円
配信 3DSバーチャルコンソール
2011年8月3日/300円

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。