懐かしのゲーム紹介『ギミック』RETRO GAME CATALOG




ギミック!

発売日 1992年1月31日
ゲームタイトル ギミック!
メーカー名 サンソフト
ゲーム容量 3M
価格(発売当時) 6,200円
備考 なし


高額で販売されていることでも有名なソフトです!
スーパーファミコンが登場し、世間が沸き立つ中で
登場したサン電子(サンソフト)のアクションゲーム。
同社作品へべれけを発展したようなシステムを持つ。
ファミコン末期の作品なので知名度は低く、中古市場でも
かなりの高額で取引されている。
「星のカービィ」シリーズで知られる
ゲームクリエイター桜井政博が大絶賛した名作。
◆概要プロローグ
年の数のろうそくがケーキの上でゆれています。
今日は女の子の誕生日。いつも仕事で忙しくていないお父さんが
今日1日はいてくれます。久しぶりに家族3人が揃うのが女の子に
とって誕生日よりも楽しみなのでした。
「誕生日おめでとう」女の子はうれしそうに
ちょっと笑ってプレゼントの箱をあけてみました。
ゆめたろーがお店のぬいぐるみを売っているフロアを
歩いている時、プレゼントを買いに来たお父さんが
店員に案内されて、そこにやって来ました。
あわてたゆめたろーはぬいぐるみの山に隠れました。
そこにはゆめたろーそっくりのピンクのぬいぐるみが
いっぱい積まれていたのです。ちょうどそこでお父さんは
足を止めました。そして、ゆめたろーを手に取ってしまったのです。
ぬいぐるみのふりを続けていたゆめたろーは、
リボンをかけた箱に入れられ女の子の家までやってきたのです。~女の子はゆめたろーをとっても気に入り、
部屋にだいて帰ると、女の子を見つめる視線がありました。
あまりにゆめたろーばかり可愛がるので、今まで毎年ひとつづつ
もらったぬいぐるみたちは自分達はもう愛されることはないのかも
知れないという不安を感じずにはいられませんでした。~ある夜、突然ぬいぐるみたちが動き出し、
他の空間へ女の子をつれていってしまったのです。
一人たんすの上に残されたゆめたろーは
ぬいぐるみたちの行った空間に女の子を捜しに行きました。
(取扱説明書より)

古きよき時代のシンプルながらも硬派な難しさを
備えたアクションゲームの系統を受け継いだ作品といえる。
難易度の高さ的にも決して万人向けとは言えないが
高クオリティのBGMとグラフィック・繰り返しプレイによる
上達・単純ながらも美しいエンディングで達成感も
その難しさゆえにひとしおのものがある。
腕に覚えのあるアクションゲームファンには
ぜひとも挑戦してもらいたい一本です。

楽天市場でギミック!を探す

A8.netなら!
◇スマートフォンやPCから簡単に広告が掲載可能
◇もちろん会員登録は無料。その後も費用はかかりません!
◇欲しい商品がお得に購入できるセルフバックの利用ができる
◇有名ブランドから高額報酬がもらえる広告を掲載
アフィリエイトを始めるならA8.net(エーハチネット)
まずは登録してみませんか??
↓↓登録はコチラから↓↓
サイトに広告を掲載してお小遣いが稼げる!【A8.net】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。