懐かしのゲーム紹介『AD&D・ヒーローオブランス』




AD&D・ヒーローオブランスとは

どんなレトロゲーム?

このAD&D・ヒーローオブランスですが


1991年にポニーキャニオンから
発売されたファミコン用のアクションゲームでした
ダンジョン&ドラゴンズ(D&D)というウィザードリィにも大きな影響を与えたRPGの原点とも
言える作品があるのですが。そんなD&Dに
これでもかと追加ルールをプラスした
上級者向けの作品がアドバンスト・ダンジョン
&ドラゴンズ(AD&D)という作品だそうです。
そんな作品をファミコンで遊べるようにした
アクション作品が今回のAD&Dヒーローオブランスです。そんなゲームの目的は8人の個性的なキャラクターを使用して迷宮を大冒険する…こんな感じでした。ゲームのシステムはオーソドックスなアクションRPGでゲームの画面で言いますと、悪魔城ドラキュラや「忍者龍剣伝」の様な画面でした。
8人のキャラクターを使用しながら

冒険していくのですが
回復の魔法が使える 僧侶のキャラクター
攻撃魔法を使用できる 魔法使いのキャラクター
身長の低い、ドワーフの戦士
弓矢を使用できる狩人
それ以外の、特徴があまりない面々
そんなキャラクターを操りながら
迷宮を進んで行きます。

レベルなどの概念は無く敵を倒すことで
スコアが上がっていくシステムでした。
モンスターには普通の盗賊や羽の生えた悪魔
小さな鬼、透明な幽霊、ドラゴンみたいな生き物こんな、魅力的では全く無いモンスターに
追い掛け回されながら泣きながら
冒険する作品でしたね。

洋ゲー特有のこのゲームは何をするんですか?
という理不尽さを味わいたい人は
勇気をだして遊んでください。笑

AD&D・ヒーローオブランスの感想でもあり
レビューでもありこのゲームを遊んで思った事
基本操作が分からない笑
このゲームですが正直未だに
エンディング画面を見たことがありません。
と言いますかどうやったらクリア
出来るのでしょうか?
今まで、沢山のゲームを
遊んだつもりですが基本的には
どんなゲームでも頑張ればクリアできます。

それは何故かと言いますと今の時代
ゲームの攻略ページというのが
ほぼ間違いなくあるからです。
皆さんも考えるのでしょうね
「自分が苦労するってことは
他の人も苦労したのでは?」
「それならば、自分で攻略ページを
作ろうではないか!!」
こんな感じだと思います。
その結果が沢山のユーザーを
助けてくれたのだと思います。

しかし、今回のヒーローオブランスに
関していえば、攻略ページは
どこを探しても有りませんでした。
ですので、久しぶりに3時間遊んで
自分で分かった事を、書いてみたいと思います。

まずは、最初の部屋からの脱出方法です
このゲームは始めた瞬間に
迷宮に放り出されます。
上の方に入れそうな、入り口が
あるのですがどんなに上のボタンを押しても
全く入ることは出来ません。
そして、キャラクターの眼の前には
大きな穴が開いています。
一見すると飛び越せそうな穴
なのですがどうやっても飛び越せません。
この大きな穴の仕掛けが沢山の
プレイヤーを地獄に叩き落としました。
「上の入り口には入れないのかな?」
「という事は、この穴を飛び越える方法を
探せってことか!!」となります。
穴に落ちたらキャラクターが即死なの
ですが最初の部屋なのでとにかく
ジャンプしまくりでした。
しかし、「絶対に飛び越えられない」
と10分くらい掛かって分かるので
ようやく諦めます。

ですので、周りを探索する訳ですね。
「どこかにスイッチがあって
仕掛けが動くのかな?」と思って
とにかく調べます。全ての魔法を
使用してとにかく攻撃して
仕掛のボタンが無いのかを探し出します。
まるで脱出ゲームです
そして何もなくて諦めます。
ここで、30分以上の時間が掛かりました。

そして、正解ですが最初の部屋を脱出する方法が
「上ボタンを3秒くらい押し続ける」
というシンプルな酷さでした。
たまたま、入り口の上で上ボタンを
押しながら、攻撃を連打していたら
なぜか?そのまま入ることが出来まして
ようやく気付くことができました。

次に小さな鬼の倒し方です
このゲームでは攻撃の高さが合わないと
モンスターにダメージを与えられませんでした。
大きなモンスターには普通に攻撃できる
のですが自分たちよりも、小さな鬼だけは
どうやっても倒せませんでした。
下を押しながら攻撃しても、しゃがむだけ
でしたし上を押しながら押しても
攻撃は空振りするだけでした。
ここで思う訳ですね。
「身長が小さなドワーフは
このモンスターの為に居るんだ!!」と。
そして、ドワーフの戦士を
使用してもまったく攻撃できませんでした…。

この小さな鬼の倒し方は「斜め下に十字キーを思いっきり押して、攻撃する」たったのこれだけです。
軽めに十字キーを押すのではなく「斜め下を、親指が痛くなるまでギューッと押して攻撃」
これでようやく倒せますので、試してください…。
私がこの方法に気付いたのが、2時間後くらいでしたね。それまでは、鬼を見かけたら
とにかく逃げていました。
「鬼だ!怖い!逃げろ!!」
こんな感じでした。

このゲームはどこでもセーブと
ロードが出来ましたので
セーブをこまめにしながら
進むことで安全に攻略することができました。
ですので上記の2点さえ分かれば
わりと進めると思います。

私はあまりのマップの広さとあまりのモンスターの強さに途中でギブアップしてしまいましたが
ガッツがあれば楽しめると思います。是非とも、全国のヒーローオブランスのファンの為に
完璧な攻略ページを作ってください。

AD&D・ヒーローオブランスを
なぜ遊んでほしいのか?
ウィザードリィの原点になった作品の
待望のファミコン作品
こんな素晴らしい作品を遊ばない
理由はありませんよね。
なにがそんなに面白いのか?
このゲームですがキャラクターが
めちゃくちゃカッコイイですし
めちゃくちゃ美人です。
そんなゲームなのに何をすればいいのかを
全く教えてくれませんので
初めの部屋から30分以上
出られないという悲惨さになるのでしょうね。

このゲームを遊んだ次の日の
「異様な親指の痛さ」を味わって
欲しいな思います。今急いで
買う理由ってあるの?洋ゲーという事もあり
バーチャルコンソールで配信される可能性は
絶望的だと思います。
だったら、この機会に実機で
遊んでみてはいかがでしょうか。
きっと、あまりの理不尽さに
笑えると思います 笑




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。