懐かしのゲーム紹介『対局連珠』




対局連珠

発売日 1990年2月23日 金曜日
価格(販売当時) 2,980円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 512K
メーカー トーワチキ
■一言MEMO
いわゆる五目並べが発展したもの。
CPU・2人対戦のほか詰連珠もある。
対局 初級~上級いずれも10戦で終了、最後に級が表示される
詰連珠 初級~上級いずれも5問で終了、こちらも最後に級表示
対局A・B 通信対戦の3本勝負
級認定の最高は対局、詰連珠共に上級(LV3)の3級
詰連珠ではたまに解答通りの手を打っても
CPUの手がそれに沿わずそのままでは正解出来ない
問題や上級のNO.5でとてつもない手数の問題が出る
正解・まちがい前に自分の番でセレクトボタンを
押すと問題のやり直し 但し使うと級が下がる




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。