懐かしのゲーム紹介『ジャンクション』

ジャンクション

発売日 1991年2月24日 日曜日
価格(販売当時) 3,000円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 1M
メーカー マイクロネット
■一言MEMO
レールの引かれたパネルを空きスペースに
スライドしながら赤い玉を動かし、制限時間内に
指定されたレールを全て通過することでクリアとなるスライドパズル。
ジャンプ台となるパネルや、赤い玉を追いかけ
追いつかれるとミスになる青い玉の登場など
様々な仕掛けがある。赤い玉が乗ったパネルを動かすことで
そのまま赤い玉ごとスライドさせることも可能。
ボタンを押すことで赤い玉の動きを速めて時間を短縮したり
青玉から回避したり、逆に動きを遅くしてパネル操作に
時間を当てたりといった操作も可能。ステージクリア後に
スロット式ミニゲームがプレイでき、回転する甲羅を
背負った3体のキャラクターが全て正面を向いた場合自機が1アップする。
操作やルールこそシンプルなものの、高い戦略性と
操作テクニックも求められる。全50ステージ。海外でも発売されている。
往年のスライディングパズルアナログゲーム
「チクタクバンバン」と似た遊び方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。