懐かしのゲーム紹介『ヘッドバスター』

ヘッドバスター

発売日 1991年3月15日 金曜日
価格(販売当時) 3,500円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 1M
メーカー メサイヤ

ゲームギア初期に登場したロボット型シミュレーション。
ウォーシミュレーションではなく、20XX年が舞台で
広大な競技場でラジコンロボット同士を戦わせ
勝者には多額の賞金が支払われると同時にチャンピオンには
「ヘッドマスター」という称号が与えられる

「ヘッドバスター」と呼ばれる近未来のバトルアリーナが舞台。
主人公はヘッドバスターを始めたばかりの少年。
自チームは「ライト」「ヘビー」「ライトカスタム」など
様々な種類のうち5体のロボットを所持でき、自チームと
敵チームとではターン毎に行動を行う。ステージクリア時に
獲得できる賞金を使い、ロボットを強化していく。
強化パーツも右手左手、右肩左肩など武器や防具だけではなく
命中率などロボットの性能を高める「ムーバー」「センサー」
「コンピュータ」といった細部までカスタマイズができ
性能が上がるにつれて戦いに有利になっていき、ビジュアルも変化していく。
少数精鋭で攻めるか、物量作戦で攻めるかなどの戦略が楽しめる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。