懐かしのゲーム紹介『ポップブレイカー』

 ポップブレイカー

発売日 1991年2月23日 土曜日
価格(販売当時) 3,800円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 1M
メーカー Mキャビン

■一言MEMO

近未来のフローティングタンク「ダイアナ」に搭乗し
敵キャラクターを倒しながらユニットを破壊することで
ステージクリアとなるアクション(シューティング)パズル。全50ステージ。
ステージ上では自機を強化するアイテムが獲得でき
同時発射弾数を増やすもの、弾の破壊力が増すもの
マップのブロックや壁などの障害物やマップキャラを
全て破壊するもの、マップ上に一定数の爆撃を行うもの
など様々なものがある。壁や障害物には砲弾で破壊できる壁
できない壁(アイテムにより破壊可能)の他に
弾が当たると直角に反射する壁、また地雷や移動する床といった仕掛けもある。
操作するタンク「ダイアナ」の進行は方向転換してから
前進させたり、動きながら弾を発射することが
できなかったり(が、バックしながらであれば発射可能)
など、特徴的な操作は慣れが必要。ゲーム開始時に
ダイアナの砲塔の位置を3種類から選択できるが
一度選んだらゲームオーバーになるまで
変更することができない。コンテニューは無制限だが
ゲームオーバーになったひとつ前のステージから
再開することになる。ゲームオーバー時に表示させる
パスワードを入力することで、このひとつ前のステージから再開可能。
取扱説明書によると、突然各地の方言が強まり会話が
まるで成り立たなくなった日本で、突然大阪が東京に
攻撃を開始し内乱状態に陥りそうになるなどよくわからない
背景設定が存在するほか、主人公である17歳の高校生
「竹下由紀」が、女性だけで構成された特殊部隊「FSWAT」に
志願し、後輩である「斉藤久美」とのFSWATの試験を
直前にしたラノベ風の謎な会話が事細かく記載されているが
ゲーム中にはこれらの背景はほぼ出てこない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。