懐かしのゲーム紹介『北斗の拳』





本日の懐かしのレトロゲーム紹介はこちら
『北斗の拳』となります。

発売日 1986年8月10日 日曜日
価格(販売当時) 4,900円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 512K
メーカー 東映動画

キャラクターものと言ったら
バンダイ的なイメージがありますが
東映動画より発売されました。
アニメの製作を東映動画さんが
手がけていたからなのでしょう。

たぶん誰もが知っているであろう
有名な漫画『北斗の拳』をファミコン化。
主人公ケンシロウを操り
各ステージのボスである
ハート、シン、ジャギ、サウザーを倒し
最後は拳王ラオウを倒す横スクロール
アクションゲーム。
シリーズ化されて、3からはRPGと
なりスーパーファミコンまで含めると
7作品発売されました。

ストーリーは、
199×年、世界は核の炎につつまれた……。
世紀末覇者拳王と戦うまでの道のりは遠い。
ケンシロウを待ち受けるのは、
狂乱の屠殺人、ハート。
南斗聖拳の男、シン。
ケンシロウの義兄、ジャギ。
南斗聖拳最強の男、サウザー。
そして拳王ことラオウを倒すべく
北斗神拳で、奥義をつくせ、
ケンシロウ・・・・!



当時、大いに流行った北斗の拳が
ファミコンに!
周りの友達の多くはこの漫画に熱狂し
『お前はもう死んでいる』、『あべし』、
『ひでぶ』など数々の名言を生み出し
一世を風靡した北斗の拳。

このゲームで印象に残っている事と言えば3つ。それは・・・

1つ目。
『あべし』を取るとパワーアップ!!
とは言え、当時どの辺がどう強くなっているのかがわかってませんでした。

2つ目。
左スクロール!!
右スクルールが主流だった当時、妙に違和感があってやりづらかったのを覚えています。

そして、最後3つ目。
バグかカセットの接触不良が起こった時に見かけるような
ひどいグラフィックの1面の廃墟っぽい建物・・・
これですよ、これ↓

『ひでぶ』が、アシスタントの方の誤植によって生まれたという衝撃の事実を知ったのは!!
原作者の武論尊さんによると、『ひでえ』と下書きをしていたのを、アシスタントの方が
『ひでぶ』と誤植してしまったらしいですね。
それが、今なお残る言葉になるなんて。
すごいですね。

◆プチ裏技
『操作が逆に!』
タイトル画面で2人プレイにカーソルを合わせ、2コントローラーの
十字キーの左下、Aボタン、Bボタンを
押したままマイクに喋って
(何でもよいです)ゲームをスタートします。
そうすると、2プレイヤーの操作が上下左右逆になって、スタートボタンを押すとゆっくりになります





【中古】 ファミコン (FC) 北斗の拳 (ソフト単品)

【中古】FC 北斗の拳 ソフトのみ ファミコン ソフト

【中古】【表紙説明書なし】[FC]北斗の拳(ほくとのけん)(19860810)






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。