懐かしのゲーム紹介『ダライアスツイン』




ダライアスツイン

発売日 1991年3月29日 金曜日
価格(販売当時) 8,500円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 8M
メーカー タイトー
■一言MEMO
スーパーファミコンが発売された
間もない1991年に登場した
ダライアスシリーズとしては
初となる家庭用オリジナル作品。
同時にタイトーのスーパーファミコン
参入第一作目でもある。

ゲームとしてのベースは
『ダライアスII』基準になっている。
二人同時プレイ可能、全7ステージ
12ゾーン構成。

『II』が太陽系内を舞台とするのに対し
本作は惑星ダライアスを目指すストーリーに
なっている。最終ステージ名もPLANET DARIUS。
一人プレイではシリーズでは初登場となる緑のシルバーホークを操作する事になる。二人プレイ時は従来通り1Pが赤、2Pが青のシルバーホーク。

■裏ワザ

【自機が50機になる】
コントローラを2個つなぐ。ゲームモード選択画面のときに2コンのセレクトと2コンのL、Rを押しながら、1コンか2コンのスタートを押して決定する。この技は、ゲームの難易度を決めてからでもできるし、2人同時プレイでもできる。

【デモ画面に敵が出ない】
ゲームを始めてハイスコアを出し、ネームエントリーで「ZTT」と入力する。次のデモ画面を見ていると敵が出なくなる。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。