懐かしのゲーム紹介『定吉七番 秀吉の黄金』




定吉七番 秀吉の黄金

発売日 1988年11月18日 金曜日
価格(販売当時) 4,900円
メディアタイプ Huカード
データ容量 2M
メーカー ハドソン

■一言MEMO

PCエンジン初期にリリースされた
コマンド選択型のテキストアドベンチャー。
原作は東郷隆による小説『定吉七番』
シリーズで、今作『秀吉の黄金』は
ゲーム化を前提に書かれた一編である。
小説で挿絵を担当する安永航一郎が
ゲームでもキャラクターデザインを担当している。
原作同様、大阪が舞台となっており
登場人物の多くが関西弁を喋ったり
コマンドにも「わらかす」や「どつく」
といった選択肢があるのが大きな特徴である。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。