懐かしのゲーム紹介『ディープブルー・海底神話』




ディープブルー・海底神話

発売日 1989年3月31日 金曜日
価格(販売当時) 5,300円
メディアタイプ Huカード
データ容量 2M
メーカー パック・イン・ビデオ
ディープブルー・海底神話』は
1989年にパック・イン・ビデオより
発売されたPCエンジン用横スクロール
シューティングゲーム。
魚の形をした潜水艦を操作し3種の
パワーアップアイテムを取りながら
海生物を倒していく。全4面で構成され
4面ボスを倒すと難易度の上昇した1面から
再スタートとなる。3種(気泡弾・発泡弾・閃光弾)のショットはそれぞれ3段階まで
パワーアップするがダメージを受けると
最低段階にまでランクダウンする。

自機はダメージ制となっており
ダメージが蓄積されるにつれ機体の
目の色が青→緑→黄→赤と変わっていき
赤の状態で何度かダメージを受けると
自機が破壊されゲームオーバーとなる。
なお自機の受けたダメージはアイテムに
よる回復の他一定時間弾を撃たずにいると
(その間自機を動かしてもよい)回復する。

ゲーム内に登場する敵キャラはすべて
水中生物となっているが、ダライアスの
ようにメカナイズされたものではなく
生き物であるため、通常のシューティング
ゲームのように敵弾を撃ってくることは無く
体当たりのみを攻撃手段としている。
ボス敵も例外ではなく体当たりの他
弾の代わりに雑魚敵を吐いて攻撃して
くるものもいる。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。