懐かしのゲーム紹介『幻魔 鬼武者』




幻魔 鬼武者

PS2で発売された鬼武者のXboxリメイク版です。僕はPS2版をやったことがありませんので実際どうなのかは分かりませんが、難易度が大幅に上がっているらしいです。

追加されている要素に「緑魂」というのがあり、自分が取って使えば「鬼の解放」という「一定時間無敵&体力回復」な極めてステキな状態になれるのですが、敵に取られると敵が凶暴になって攻撃力が激増します。
1対1なら問題無いのですが、敵集団を相手しているときに緑魂が出ると大変です。もちろん自分が吸い取りたいのですが、敵も吸い取ろうとするので連打勝負になります。
この連打状態にも敵は容赦なく攻撃してきますので、状況によっては緑魂を諦めたり戦術殻という必殺技を使って強引に敵を倒さなくてはならなくなります。
この辺のバランスが絶妙で「取れば天国、取られれば地獄」な緑魂をどう扱うかで難易度が大きく変わります。僕は戦術殻使いまくりで鬼の解放しまくりの強引戦法だったのですが、肝心のボス戦で鬼の力が使えない苦しい状況にもなりました。

敵との戦いでは、その敵に対する戦いのコツさえ掴んでいればボス戦でもノーダメージでいけます。鬼の開放を使えば回復もできますし、「コツさえ掴めば・・・・」という感じでした。
重要なのがガードで、ガード中に力を溜めることで強力なふっ飛ばし攻撃を出したり強力な戦術殻で攻撃できたりします。ガード無視攻撃を使う敵も多いですが、その辺の雑魚を倒すぶんには有効な戦法となります。

特に作業的なところも無く敵を斬る爽快感もあり、かなりいい感じです。
難易度はちょっと高めでバイオハザード操作に慣れていない人にとっては辛いと思いますが、敵との戦いで無敵パターンがありますのでそれさえ掴んでしまえば何とかなる範囲だと思います。

ストーリーのほうもそれっぽくていいのですが、ちょっと金城武さんの台詞に迫力が無いかな、とも思います。英語吹き替えもありますので「金城武さんじゃなきゃ駄目」っていうこだわりが無ければこっちのほうが迫力あるかも。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。