懐かしのゲーム紹介『パワーリーグII』PCエンジン




パワーリーグII

発売日 1989年8月8日 火曜日
価格(販売当時) 5,800円
メディアタイプ Huカード
データ容量 3M
メーカー ハドソン

前作から1年ちょっと過ぎて登場したシリーズ第二弾。
野球ゲームは1作目がある程度売れたら、
基本的には選手データを変えるだけで買い直してくれるからおいしいジャンルである。

 

f:id:g16:20201008212212p:plain

前作にもあった「VS MODE」「OPEN MODE」「PENNANT MODE」の他に、
セリーグとパリーグの選抜選手で試合できる「ALL STAR MODE」、
ホームランの本数にチャレンジできる「HOME RUN MODE」が追加。
またEDITも前作より細かく設定できる上に、パスワードやメモリで保存可能。
(前作は電源を落とすとリセットされてしまっていた)

 

f:id:g16:20201008212349p:plain

チームは前作同様にプロ野球チームを模した12球団。
(ただし隠しチームもいくつかある模様)
前作同様に伝統の巨人阪神戦で「OPEN MODE」を遊んでみよう。

 

f:id:g16:20201008212419p:plain

f:id:g16:20201008212421p:plain

巨人のスターティングメンバーは、
シロヤン(???)
モカザキ(岡崎?)
キネヅカ(篠塚?)
パパラ(原?)
クラマティ(クロマティ?)
コマタン(駒田?)
マカハタ(中畑?)
マカオ(?)
クワチャ(桑田?)

 

f:id:g16:20201008212505p:plain

f:id:g16:20201008212508p:plain

前作と違っているところは、
打たれたあとの画面がトップビューではなく、
ファミスタなどと同じクォータービューになっている点。
やはり随分とこの方が守備が遊びやすい。

 

f:id:g16:20201008212607p:plain

結果、「1-11」で阪神を11点に抑える事に成功!(前作は20点取られている)
しかも前作はまったく点数が入らなかったのに1点奪取している。
むしろ勝ちと言っていいだろう。

ついでに新規モードの「HOME RUN MODE」をやってみた。

f:id:g16:20201008212642p:plain

f:id:g16:20201008212645p:plain

f:id:g16:20201008212650p:plain

結果、10本中8本を打つ事に成功。

f:id:g16:20201008212720p:plain

ただそんな記録をだしても「パパラ スゴイ!」の一言のみ。
ところでこのゲームなぜか、
ミロ(粉末麦芽飲料)がスポンサーと
してクレジットされている。

楽天市場で懐かしのゲーム探しませんか?

A8.netなら!
◇スマートフォンやPCから簡単に広告が掲載可能
◇もちろん会員登録は無料。その後も費用はかかりません!
◇欲しい商品がお得に購入できるセルフバックの利用ができる
◇有名ブランドから高額報酬がもらえる広告を掲載
アフィリエイトを始めるならA8.net(エーハチネット)
まずは登録してみませんか??
↓↓登録はコチラから↓↓
サイトに広告を掲載してお小遣いが稼げる!【A8.net】





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。