懐かしのゲーム紹介『B-WINGS』ファミコン

B-WINGS

発売日 1986年6月3日 火曜日
価格(販売当時) 4,900円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 320K
メーカー データイースト

あらすじ

宇宙防衛軍により開発された多目的戦闘機、
通称「B-WING」こと「FX-1」
Fは『戦闘機(ファイター)』。X-1は

『試作一号機の略(メイン・ファイターとも呼ぶ)』
オプションパーツであるWINGを装備する事で様々な
場面で活躍する事が出来る期待である。
試験飛行の日、1種類のWINGを装備したFX-1のエリートパイロット
「テレオ・ラ・コース」が搭乗。テスト飛行の結果は、良好であったが
帰還した「テレオ」の前に広がっていたのは
壊滅させられていた基地であった。
他のWINGも奪われ、残されていたメッセージは
「ゴブナス」という名前だけであった。
「テレオ」は『WING』奪還のため立ち向かう。
特徴

ウイングという武装を換装し戦う事になる。
(ウイング無しでも戦闘可能)

そのウイングの数は基本10種類のウイングと
隠し3種類で計13種類である。

C-WING:CANNON(キャノン)のC
 射程、端まで
 特徴、直線に画面内2発発射

F-WING:FIRE(ファイア)のF
 射程、画面半分程度
 特徴、直線上の攻撃力が高い

D-WING:DYNA(ダイナ)のD
 射程、画面は半分程度
 特徴、三日月城の攻撃を発射する。画面内1発

J-WING:JUMP(ジャンプ)のJ
 射程、通常弾は画面端まで、特殊弾は画面内半分で炸裂
 特徴、通常弾と特殊弾を同時発射する。
    特殊弾は障害物などを超えて(ジャンプって事だろう)爆発する。

H-WING:HAMMER(ハンマー)のM
 射程、画面端まで
 特徴、機体周囲に2個のハンマーがグルグルと回転し敵を倒してくれる。
    通常の弾は画面内3発

A-WING:ANTI(アンチ)のA
 射程、2方向画面端
 特徴、前後に通常弾を発射する。画面内2発

S-WING:SIDE(サイド)のS
 射程、画面端まで
 特徴、前方に1発の弾。左右に3発ずつ(計6発)同時攻撃する。
 
V-WING:BARRIER(バリア)であるがタイトルとかぶるのでV
 射程、短い
 特徴、前方6方向同時攻撃。画面内1発だが射程が
 非常に短いので即消えて、次の弾を発射可能。


M-WING:MULTIPLE(マルチプル)のM
 射程、画面端まで
 特徴、通常の前方攻撃と撃つ度に角度が変わる弾を左右に同時発射する。
    角度は見た目で
    「20°→60°→90°→20°→60°→…」という具合


W-WING:WIDE(ワイド)のW
 射程、画面端まで
 特徴、前方5方向に同時攻撃するがいずれか1方向の弾が
 敵や障害物に触れると他方向の弾も消失し、
    次弾を撃つ事になる、


SS-WING:STARING-SILVER(スターリング・シルヴァー)のSS
 射程、画面端まで
 特徴、ハンマーが自機を守りつつ、輪型の攻撃を
 前方2方向に同時発射する。画面内1発


AH-WING:AURORA-HARRIER(オーロラ・ハリアー)のAH
 射程、画面端まで
 特徴、前後左右幅広の弾を発射する。画面内1発のみ
    雑魚は貫通するが障害物に触れると他弾も消失してしまう。

OB-WING:OCT-BLASTER(オクト・ブラスター)のOB
 射程、画面端まで
 特徴、前後左右斜めを含めた8方向に攻撃をハンマーと同じ弾を撒き散らす。


ステージ1、5、9と言った風に
4の倍数+1のステージ開始前にウイングセレクトが可能。
事実上、装備し直しを余儀なくされるので
選択リスト内にない隠しウイングは持ち越す事が出来ない。

操作方法
十字キー:移動
Aボタン:ショット
Bボタン:ウイング強制排除
 ※ウイングなし状態時、潜行し、その際は無敵)

ステージ中のウイングを取得するためには
一旦そのウイングを強制排除しなければならない。
(隠しウイング3種は上書き状態になる為、ウイング排除しなくても可)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。