懐かしのゲーム紹介『スーパースターフォース 時空暦の秘密』ファミコン




スーパースターフォース 時空暦の秘密

発売日 1986年11月11日 火曜日
価格(販売当時) 5,300円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 1M
メーカー テクモ

スーパースターフォース 時空暦の秘密』は
1986年11月11日にテクモが発売した
ファミリーコンピュータ用の
アクションRPGである
物語は、前作『スターフォース』の舞台と
なった時空暦2010年から始まる。
過去の世界で条件を満たすと未来の
マップが変わり、新しい時空に行ける。
最終ステージを含めた8つのステージ
それぞれに年代が設定されており
一旦到達した時代は最終ステージを
除いて相互に行き来可能。タイムトラベルと
過去の時代での行動による歴史の書き換えを
繰り返しながら、スターフォースの世界と
その歴史「時空暦」の謎に迫る。
時空暦元年(0001年)にたどり着き
最終ステージへの扉を開いた時
物語は急展開する。

ゲームオーバーになっても、タイトル画面で
スタートボタンを押すだけで、タイム以外の
全ての所持アイテムとゲーム進行度を
引き継いで2010年から再スタートできる。
使用回数は無制限である。セーブ機能や
パスワードは搭載されていないため
クリアのためには長時間のプレイを要する。

「太陽のランプ」を、時空暦0820年で
水脈を枯らした後(時空暦1003年の
地上マップ出現)以降に使うと地上マップを
出現させた効果音と共になくなってしまう
バグがあり、他の時代である敵を倒そう
としてもこのバグのため倒せなくなる。
対処方法としては「時空暦0001年を
時空暦0820年より先に攻略する」ほか
時空暦0820年エルドレラの遺跡内で
紋章を2つ取得してからさらに奥の迷宮へ
入る出入口を行き来することで回避できる。
ただしこの後で水脈を枯らす場所に
行くとバグが復活する。

本作ではマルチエンディングが
採用されており、冒険の中であるアイテムを
入手し、ある場所を訪れることで
真のエンディングを見ることができる。
バッドエンディングの方が真のエンディング
よりもテキストが長いという力の入りよう
であり、こうして両方のエンディングに
見る価値を持たせていると言える






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。