火の鳥 鳳凰編 我王の冒険




火の鳥 鳳凰編 我王の冒険

発売日 1987年1月4日 日曜日
価格(販売当時) 5,300円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 1M+64KRAM
メーカー コナミ
手塚治虫原作のアニメ映画「火の鳥 鳳凰編」(1986公開)からファミコン化。
操作するプレイヤーの真下に鬼瓦を設置して足場とするアクションは独特で
オリジナリティの光る良作となった。フクロウの鳴き声などのサウンドエフェクトも秀逸。


画面はサイドビュー右方向任意スクロール。
主人公の彫刻師・我王は失われた火の鳥の彫刻の
パーツを回収するため、時空を超えての旅に出る。
なお、同名のパソコン(MSX)版とは内容は異なる。

ステージは大和(現代)ラウンド7+1ステージ、
来世ラウンド5ステージ、太古ラウンド3ステージの合計16ステージ。
各ステージの最終地点にいるボスを倒すと火の鳥の彫刻の
1パーツが手に入り、次のステージへと進む。
各ラウンド同士は連続しておらず、各ラウンドの最終ステージを
クリアするとそのラウンドの最初にループする。
別のラウンドに移動するためにはステージ内に隠されている
ワープゾーンを見つけ出し(壊せるブロックの後ろに隠れている)
それを経由して移動する。
火の鳥の彫刻パーツは各ステージに1つで
ループにより同じステージをクリアしても
2度目からはパーツは手に入らない。

プレイヤーの武器は「ノミ」で連射はできない。
左右と真上の3方向に発射できる。弾数制限はない。
敵キャラクターへの攻撃のほか、壊せるブロックを
破壊したり、宝箱を開けたり、自ら設置した
鬼瓦を破壊することができる。

本作の最大の特徴ともいえるのは「鬼瓦」によるアクションで
空中にいるとき↓とBボタンで真下に設置、足場に乗っているときは
真横に設置できる。設置した鬼瓦は足場として上に乗ることが可能。
これにより通常のジャンプでは到達できない遥か上方へも登って
いくことができ、或いは画面下の穴に落ちてしまうところを
鬼瓦を設置して回避するなど、これまでのサイドビュー
アクションでは考えられなかった操作系を実現した。

鬼瓦は入手した数だけ設置できる。敵キャラクターを
倒したときに出現するもので1つ、宝箱から出現するもので
10ストックが増加する。ストック最大は99。

プレイヤーはライフ制。敵の攻撃を受けるとライフが
1目盛り減少し、ゼロになるとミスとなる。アイテムの
おにぎりを取得するとライフが全快する。アイテムの貝殻を
入手するとライフの最大値が増加する。
ステージクリアしてもライフは回復しないが、おにぎりが
随所に設置してあるのでライフ回復にはそれほど苦労しない。
ステージ中の穴に落ちる、残りタイムがゼロになってもミス
画面上で先に進むことが不能になったときなど
セレクトボタンを押すと自滅できる。残機ゼロでゲームオーバー。
ステージ中のブロックは破壊できるものがある。ノミで破壊するか
上に乗りしゃがんでジャンプを3回すると崩すことができる。
自ら設置した鬼瓦も同様に扱われる。
全てのステージをクリアし、火の鳥の彫刻を完成させると
エンディングとなり、2周目がスタートする。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。