懐かしのゲーム紹介『ロウ・オブ・ザ・ウエスト 西部の掟』

ロウ・オブ・ザ・ウエスト 西部の掟

発売日 1987年3月6日 金曜日
価格(販売当時) 5,500円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 1M+64KRAM
メーカー ポニーキャニオン
プレイヤーは保安官となり、西部の街で、11人の人物と
コマンド選択式で会話を交わす。3回の設問に答え
会話が進んだ分だけ点数が入る。

だが、怪しい人物が、会話に夢中になっている人を
背後から撃つ場合がある。それによって会話が打ち切られれば
それだけ点数が減ってしまう。また、会話している人が
こちらを襲ってくる場合もある。

会話を中断し、一番上の選択肢を選んでいる時に十字キーを
更に上を押すと、画面の中央に銃の照準が出現(画面の保安官も銃を抜く)。
十字キーで動かし、AもしくはBボタンで発砲。出現位置より
下に下げると消える。これで会話相手を狙う怪しい人物を撃ったり
銀行があるシーンに出没する銀行強盗を撃ったり、画面のどこかに
隠されたドル袋を撃つとボーナス得点が入る。だが、会話相手を
撃つと点数は0になる。会話相手に撃たれた場合、保安官の
左腕が負傷し、この状態でもう一度撃たれるとゲームオーバーとなる
(ドクターとの会話によっては、2回撃たれても治してくれる)。
会話が打ち切られるか、3回の設問に上手く答えて会話が終了し
相手が去っていくとステージ終了となり、点数計算になる。
時間制限があり、残り時間が0になると空から爆弾が降ってくる。
ゲームオーバーにはならず、会話が終わっていなければ強制的に終了する。
会話ボーナスは、回答回数により2000点、5000点、10000点。
ドル袋は10000点、銀行強盗は30000点。暗殺者は、シーンが
進むごとに高くなっていき、1000~6000点。
会話を良い形で終えると、50000点のボーナスが入る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。