懐かしのゲーム紹介『ロストワード・オブ・ジェニー 失われたメッセージ』ファミコン

ロストワード・オブ・ジェニー 失われたメッセージ

発売日 1987年3月25日 水曜日
価格(販売当時) 5,500円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 1M+64KRAM
メーカー タカラ
タカラのファッションドール、ジェニーを主人公と
したオリジナルアクション。当時東京・原宿で営業していた
ジェニーショップとのタイアップ企画が行われた。

盗まれたミュージカルのシナリオを取り戻すため、ジェニーが6つのステージを進む。
画面はサイドビュー左右任意スクロール。場面により上下に切り替えスクロールする。
ゲームは街の中から始まり、任意の建物を選んで入ると各ステージへと進む。
各ステージは左右に数画面分の広さがあり、基本的に上下2画面分の幅がある。
階段やハシゴで上下画面は切り替えられる。
主人公ジェニーはキック、しゃがんだ状態でパンチを繰り出し
スプレーを入手すると遠距離攻撃ができる。スプレーは弾数制限がある。
各ステージ内には宝箱(形状は各ステージごとに異なる)が12個存在し
これを10個以上開けると出口の扉が出現する。

扉から出るためにはカギが必要で、カギは宝箱から出現する敵を倒すことで入手できる。
扉から出ると、ボスのカウヘッドとの戦闘画面へと切り替わる。
カウヘッドは強力だが、ステージ内に隠されたJeNnyの5文字を
見つけ出すとステージ右端のかがり火から剣を入手でき
これを命中させることで大ダメージを与えることができる。

素手、スプレー、剣の攻撃はセレクトボタンで切り替えることができる。
着せ替え人形のジェニーがパンチとキックで飛び回るという設定は
ご愛嬌として、作りを複雑にせず、単純化したところは
低年齢層向けに調整した結果ととらえるべきか。単調ではあるが
テンポは悪くない。ジャンプボタンを押すタイミングや
階段の昇降開始位置に融通がきかない点があり、アクションゲームとしてはあと一息の印象。
本作主人公のジェニーはタカラ社のファッションドール。
当初「バービー」の名で発売されたが、バービー製造元の
米国マテル社の日本進出に伴い契約解消、ジェニーと改名され現在に至る。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。