懐かしのゲーム紹介『モトクロスチャンピオン』ファミコン




モトクロスチャンピオン

発売日 1989年1月27日 水曜日
価格(販売当時) 5,500円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 2M
メーカー コナミ
エキサイトバイクに似ているが、コースの起伏に
沿って画面が縦、横、スクロールしていくので、操作に慣れるまでが難しい。
全8コースあり、予選で2位以内に入ると決勝に進む事が出来る。
操作方法
アクセル
ブレーキ
前に体重をかける
後ろに体重をかける
右に曲がる
左に曲がる

 

レースのコツ
  • 転倒したらボタン連打で素早く起き上がれる
  • スタートダッシュはアクセル全開にしつつ十字キー上(ウィリー防止)をコツコツ連打すると安定する
  • 連続小ジャンプは十字キー下をコツコツ連打するとスピードが落ちにくい
  • 接触するとスピードが落ちる壁と落ちない壁を見極める
  • ジャンプ台に斜めに突っ込んでも、向きは自動的に水平方向に変わる
  • 前のバイクが転ぶ場合もあるのであきらめない
 
6面。コースが長くなり、カーブも多くなったがまだまだ序の口。
 
7面。コースの幅が狭く、障害物も増えて常に転倒の危険ががが。
 
そしてラスト8面。今までのコースと違い
斜めのコース&複雑な角度のカーブが非常に難しい。
接触するとスピードが落ちる壁がほとんどで
細かいハンドル操作が要求される。

気になるニキビに集中ケア♪



右はおそらく最難所のS字カーブ直後の土。
下手にハンドルを切ると即転倒してしまいます。
ここでトップを取るには転倒したらダメ。ベストの走りを
予選・決勝通して14周連続でしなければならない。
このコース200周以上は走ったんじゃないだろうか。つかCPU速すぎ。
激走むなしく8面決勝で敗退。なあに、すぐに再挑戦して・・・?

なんと、8面決勝で負けるとこのバッドエンド。
そして・・・
やったー!勝った!!
何度も再挑戦した結果なんとか優勝。
最初にクラッシュしてもあきらめない!
 
衝撃のエンディング画面。
なんとプレイヤーは女性だった!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。