懐かしのゲーム紹介『西村京太郎ミステリー ブルートレイン殺人事件』ファミコンファミコン




 西村京太郎ミステリー ブルートレイン殺人事件

発売日 1988年1月20日 水曜日
価格(販売当時) 6,500円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 3M
メーカー アイレム
トラベルミステリーとしてテレビでもおなじみの
西謎の連続殺人・・・それはなんの前触れも無く起こった。
11月10日東京発ブルートレイン「はやぶさ」午前1時。
列車は静かに山口県付近にさしかかる・・・・。
西村京太郎原作のアドベンチャーゲーム。

特別捜査本部が設置され、十津川警部が
威風堂々、部下の亀井と西村を呼び出した。
この二人をザッピングシステムと称して
コキ使いながら難事件に乗り出す。

ダンディにキメた十津川が辣腕を振るう!
ザッピングシステムとはいえ、「横浜港殺人事件」などの
ように聞き込み地獄を味わうことは無いのでご安心を。
至る所に配慮がなされた安心設計なのだ。

「飽きたわ!」とか思ったときに適当に
切り替えるもよし、キッチリ順番に進めてから切り替えるもよし。
などとやっている間に第二の殺人が!!今
度は西村を向かわせるとつがわ。ちょっと目付きが
気になる西村刑事だが亀井の活躍に触発されたのかこの後躍動する!

ブルートレインはやぶさ内で密室殺人事件発生。


警視庁刑事部捜査一課の十津川警部から
指示を受け、亀井は捜査に乗り出した。


被害者の身元が判明。
5年前に発生した汚職事件を調査していた私立探偵の井村。


捜査線上に浮かび上がる代議士と、その弁護士。
二人ともアリバイがあり、無関係だと言われる。

秘書の目の前で、堂々とドアノブから代議士の指紋を採取する亀井。

そんな時、別の場所でもう一つの殺人事件が発生した。
捜査に当たるのは西本刑事。


被害者は18歳の少年、加藤。
どう見てもチンピラ。


加藤の部屋に貼られたアイドル歌手の
ポスターを見た西本は、その事務所を訪ねる。
なにか事件に関係があるのか?


そのアイドル歌手あけみは、加藤の
中学校時代の同級生で付き合っていたらしい。


その当時の写真を週刊誌にばら撒くと
加藤はあけみのマネージャーを脅していた。


その頃、亀井はブルートレインに乗り、密室殺人のトリックを暴いていた。


西本はあけみのマネージャーから事情を聞いたがアリバイがあった。
本人の目の前で指紋を採取する。


あけみにも事情聴取する西本。
余計な情報も入手した。


亀井と十津川は、時刻表をもとにアリバイ崩しを始める。


原作者も登場。
結構、重要なヒントをくれる。


時刻表トリックも解明した。


しかし、第三の殺人事件が発生してしまう。


真犯人は突き止めた。
しかし、あけみが襲われてしまう。


真犯人を確保する西本。


あけみは無事だった。
見知らぬ男を部屋に入れるからこういうことになる。


最後は全員そろって、大団円。



今作は、亀井、西本の二人の刑事を操作する
ザッピングシステムが用いられています。
捜査に行き詰ったら操作キャラを交代することで
捜査が進展する場合があります。

二つの殺人事件の関係と、それにあけみがどう絡んで
くるのかが、この作品のキモではないでしょうか。


誰にでも解けてしまう密室殺人のトリックや
深夜の駅のホームで偶然犯人を撮影していた
子どもの登場など、若干の粗も見られます。
しかし、十津川警部ら登場刑事の顔グラフィックは
当時のテレビドラマのキャストを再現したものだと思いますが
その再現率はなかなかのものだと思います。
■裏ワザ

【サウンドモード】
ゲームを始めるとき「そうさかいし」を選び
パスワードを「おんがくが ききたいな あああああ 
あああああ あおねがい」と入れる。
ファッションショーの音楽が聴ける。




懐かしのゲーム探しませんか?

A8.netなら!
◇スマートフォンやPCから簡単に広告が掲載可能
◇もちろん会員登録は無料。その後も費用はかかりません!
◇欲しい商品がお得に購入できるセルフバックの利用ができる
◇有名ブランドから高額報酬がもらえる広告を掲載
アフィリエイトを始めるならA8.net(エーハチネット)
まずは登録してみませんか??
↓↓登録はコチラから↓↓
サイトに広告を掲載してお小遣いが稼げる!【A8.net】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。