懐かしのゲーム紹介『パチ夫くん2』ファミコン




パチ夫くん2

発売日 1988年1月30日 土曜日
価格(販売当時) 6,500円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 2M
メーカー ココナッツジャパン
おなじみのパチ夫くんが登場する
パチンコゲーム。
奥さんから軍資金をもらい。
それを元手にパチンコ屋を巡っていく。
各店に置いてあるパチンコ台の種類は
豊富で、どれも本物に似せたデザイン。
前作よりもさらに玉の動きがなめらかで
スムーズなものになっている。
このパチ夫くん2ですが
1989年にココナッツジャパンから
発売されたパチンコのシミュレーター作品です。

今回のパチ夫くん2ですが
ゲーム目的はいたってシンプルです。
奥さんに「今日も頑張ってきてね♪」と
言われて「よっしゃ、いっちょいきますか!!」
と、パチンコ屋に向かうなんとも
不思議なゲームです。







ゲームのシステムは
オーソドックスなシミュレーションゲームで
パチンコ台を楽しみながら、物語を
進めましょうというシステムでしたね。
パチンコ屋に向かって、なにをするのか
というとパチンコ台を打ち止めに
していくんです。その台に入っている
パチンコ玉を全て出すとクリアです。
ゲームというか「パチンコシミュレーター」の
感じが強いなんとも不思議なゲームでしたね。

奥さんにパチンコ屋に行けと言われる
物凄く少ない玉を渡される
パチンコ台を打ち止めにする
そんな繰り返しを行って、ゲームを
進めていくパチ夫くん2という
ギャンブルゲームなのでした。

■裏ワザ

【玉数が死ぬほど増える】
玉数を減らし、玉数の表示が1から0に
なる瞬間にセレクトボタンを押して
「やめる」を選ぶ。その後、台をかえて
普通に打ち始めると、玉数が9万9999発になる。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。