☆懐かしのゲーム紹介『ファミリーピンボール』ファミコン




 ファミリーピンボール

発売日 1988年3月24日 木曜日
価格(販売当時) 4,900円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 1.5M
メーカー ナムコ
HD Video Capture
■ノーマルモード
ひたすらハイスコアを目指すモード

■ナインボールモード
スマートボール風のモード。並んだ穴に球を入れていき
縦横斜めに並ぶとコインが払い出される。
溜めたコインに応じて、以下の裏コマンドの入力方法が表示される。

10BALLS ナインボールモードで球が10個
SPECIAL 1P バトルフリッパーモードで両方を操作出来る
5BALLS ノーマルモードで球が5個
MAX FLIPPER フリッパーの威力最大
PAIR A ノーマルモードで左フリッパーを1P、右を2Pで動かせる
PAIR B 同じく下フリッパーを1P、上を2Pで動かせる
■バトルフリッパー
向き合って球をフリッパーで打ち合う対戦モード。
エアホッケーのピンボール版みたいな感じ。
1セット=3ゲーム先取で、セット数は3、5、7から選べる。
台は3種類用意されている。

■スポーツピンボール
バトルフリッパーと同じく向き合って球を打ち合う対戦モードだが、
スポーツ風にアレンジされている。サッカーとアイスホッケーの2種類がある。





ノーマルモード

明確な目標の無いゲームなので、とりあえずボーナス面で敵キャラを粉砕することに。
倒したところで地面に謎の模様が出るだけで、とくにこれといって何があるわけでも……

ナインボールモード

 
←10BALLS   SPECIAL 1P→
 
←5BALLS   MAX FLIPPER→
 
←PAIR A   PAIR B→
かなりの運ゲー('A`)
5ゲームで金額をちょうど合わせないといけないと
いう変な仕様はどうにかならなかったのだろうか…

バトルフリッパー

 
←ATTACK   BOMBER→
THUNDER

スポーツピンボール

 

 




気になるニキビに集中ケア♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。