☆懐かしのゲーム紹介『百鬼夜行』ファミコン




百鬼夜行

発売日 1988年2月23日 火曜日
価格(販売当時) 6,200円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 2M+64KRAM
メーカー ユース




それは 星一つ無い
ある 真夜中の出来事だった

今にも沈もうとする 夕日の様に
空を 血色に染めながら
凄まじい音を 轟かせ
真っ赤に 燃え盛る 巨大な火の玉が
祠の森に 落ちた

祠の森 其処は 遠い昔から 結界が張られており
人はおろか 命有るもの 全ての侵入を拒んできた

しかし 何の為に 其処に 結界が張ってあるのか
今となっては 覚えている者はいない

ただ 誰もが忘れかけている 昔話の中に
徳の高い僧が 自分の命と引換に
邪悪なる者を 封じ込めたと言う一説があるが
それも定かでは無い



それから 半年が過ぎ
人々は 火の玉の事を すっかり忘れていた

実際 そんな余裕が 無かったのである

それは 何時から 始まったのであろう
人々は 笑いを忘れ
町から 平和が消えた

夜な夜な 身の毛のよだつ声が響き
何人もの 町人が 何処かに消えていった

お城の 殿様までが 消えてしまった
そんな噂までが 流れたほどである

丁度 その頃 祠の森からは 程遠く無い
森の中の あばら家で
見るからに 疲れ果てた男が 一人の影と話していた




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。