懐かしのゲーム紹介『デビルマン』ファミコン




 デビルマン

発売日 1989年4月25日 月曜日
価格(販売当時) 5,500円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 2M
メーカー ナムコ




同名の漫画をゲーム化した

アクション+アドベンチャー。

原作通りの展開や突っ込みどころが

あって楽しめるかと。 マルチエンディングだが、

一方を見れば 他方もすぐ見られるので

両方見るとよいかと思います。

操作 動作
移動、入る
←→ 移動
しゃがむ
Aボタン ジャンプ、空を飛ぶ
Bボタン パンチ
START コマンド表示
SELECT 変身

 

■生身の状態で敵を倒していると

POWERゲージとIKARIが上昇する。

■デビルマンに変身するとジャンプ力が

上昇IKARIがある限り飛び道具を撃てる

■変身は2段階あり、2段階目になると

ジャンプで空を飛べる。

■パスワード取って再開すると

POWERが全回復する。

■死んでコンテニューすると

POWERゲージ最大値が減る。

■人との会話はTALKのほか殴って情報を

聞き出す場合も。

■例え物語のオチを知っていても

これを機に原作を読むことを薦める。

 

アドベンチャーパート、アクションパート

ともに中途半端 コンティニューの度に

最大POWERが減り雑魚敵が堅すぎor強すぎるので

パス再開で上限保ったままPOWER回復

できることに気づくまではかなり苦戦しました。

ボスの行動パターンが体当たりか弾を撃つだけ

というのもガッカリ 救いはエンディングが

充実してること(でもスタッフロールはない)

原作を読んだことはあるけど

このゲームクソゲー認定笑

ラストは連戦ですが2匹とも弱いし

いつでもパスが取れる


サタンに勝利すると助けた人々が登場します

最後の仁王立ちの画面で操作を受け付けなくなった

負けると原作エンド? 最後の画面で

ボタンを押すとタイトルに戻った




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。