☆懐かしのゲーム紹介『ドラゴンバスターII 闇の封印』ファミコン




 ドラゴンバスターII 闇の封印

発売日 1988年4月27日 水曜日
価格(販売当時) 5,200円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 1.5M
メーカー ナムコ




ドラゴンバスターの続編。今回は移植では

なくFCオリジナル作品。 前作から継承している

のは世界観と移動画面のルート選択ぐらいで

ゲーム本編はトップビューで武器は弓矢と

ほとんど別物になっている。 カールは弓矢しか

使えません! 剣?魔法?なにそれ?

ダンジョン内でBGMがないのは89年発売とは

思えない寂しさ。 全6ラウンド。前作に

比べて地味なので人気はあまりない。

ナムコにとってまさに「闇に封印」したい

過去なのでは?

タイトルの「闇の封印」という言葉以外

オール英語! 日本以外に向けて発売しようと

していたのか? ゲームオーバー画面で

リセットしかできないのは仕様なのか!?

■ストーリー

前作、クロービスの活躍した前のお話。

キングドラゴンに盗まれた剣を取り戻すために

主人公カールが弓矢をもって戦いに挑む

<操作方法>

十字キー:移動

Bボタン:矢を打つ、斧を使う、ボートに乗るなど

Aボタン:鍵を拾う

セレクト:ダンジョンに入る、出る

<アイテム>

炎の矢:たまに敵が落とす。

攻撃力がアップしスライムを倒せる。

矢筒1つで3本撃てる。

盾 :無敵、10秒ぐらい。

矢筒:矢が10本増える。

妖精:体力回復。

体力満タンの時に取るとストックされ

4匹集めると1UP。

鍵:ダンジョン出口の扉をあける。

斧:マップにある森を通れる。

ボート:マップにある湖を通れる。

はしご:マップにある谷を渡れる。

ハンマー:マップにある柵を壊せる

ラクダ :マップにある砂漠を渡れる

蝶:マップ画面のあるポイントに隠れている。

ダンジョンに入った時中までついてくる時と

ついてこない時がある。

ついてきた時はそのダンジョンに1UPが

隠されている。蝶が止まったらその近くを

撃つと1UPが出る

<ヒント>

クリア目指すならゆっくりすすもう

各ラウンドの奥にある山のダンジョンに

いるドラゴンを倒すと ラウンドクリアとなります。

ダメージを食らうたびにカールの色が変わる

ライフ制。 4回当たると1人お亡くなり。

矢は本数が決まっている無駄撃ち厳禁!

というか無駄にうつと壁に跳ね返った矢で

自分が死ぬ。 矢は前半にたくさん貯めたほうがいい。

スタート→セレクトボタンで各ダンジョンで

なにが出やすいか分かる

パスワードコンティニューあり。

ただし、矢の数は初期値に戻り、

ラウンドの開始からになります。

つまり面ごとに5個のパスワードしか

ないんじゃないの?

小ネタ

スレに張られたリンクから発覚した

噂のマインドシーカーとの関係… この面の下では

「ドラゴンスピリットの本」が当たるという

キャンペーンについて記載してあります。

このハガキに付いていた応募券を

「マインドシーカー」か「ドラゴンバスターⅡ」

の アンケートハガキに貼って応募すると

100人に当たるというものでした。

ついに最終エリアのドラゴン撃破!!

その先のエリアが表示され

何事もなかったかのようにゲームは続く。

今度こそこの剣こそが前作

主人公クローヴィスの剣

最初から剣持っといてくれー

感動のエンディング




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。