懐かしのゲーム紹介『名探偵ホームズ Mからの挑戦状』ファミコン




名探偵ホームズ Mからの挑戦状

発売日 1989年5月1日 日曜日
価格(販売当時) 6,000円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 2M+64KRAM
メーカー トーワチキ
トーワチキのホームズシリーズ第三弾に
して最終作。前作同様、普通の推理ADV。
悪い意味で有名な『伯爵令嬢誘拐事件』の
路線は放棄されている。シナリオは
ゲームオリジナル。各章で発生する事件を
解決すると次の章に進む。全五章。
著名なバイオリン奏者であるコーネル氏の
持つ名器ストラディヴァリを、かの
モリアーティ教授が狙っているという。
護衛を依頼されたホームズはコーネルが
所属する楽団の世界コンサートツアーに
同行することになる。だがその矢先
楽団内で殺人事件が発生するのだった…。
◆登場人物◆

▲シャーロック・ホームズ
もはや説明のいらない名探偵。

▲ワトスン博士ホームズの良き相棒。

▲モリアーティ教授ホームズの宿敵の犯罪者。

▲コーネル

英国随一の

ヴァイオリニスト。繊細で長い指の持ち主。

▲ノックス

演奏会のプロモーター。船乗り、新聞記者も経験。


▲守衛ノックスの事務所の守衛。律儀な人。

▲グレスグンロンドン市警警部。優秀でホームズとの付き合いも長い。

▲アン・マシューズ謎の多い女性楽団員。

▲スコット楽団員。人間的にはいいが、音楽家としては心遣いが足りない。

▲パーマー楽団員 特徴がなく用心深い。

▲ゲーリー楽団員。コーネルに雰囲気が似ているが才能はない。

▲アランパリ市警警部。とんちんかんな感じ(笑)

▲アイトーアランの部下。カンフーをやっているが腕はまだまだ。
◆ストーリー概要◆
 英国一番のヴァイオリニストの所有するヴァイオリンの

名器「ストラディヴァリ」を盗むという脅迫状が届く。

脅迫状の主はホームズ宿命のライバル・モリアーティ教授。

その一方演奏会のプロモーター・ノックスの相棒だったピットマンが

殺されるという事件が起こった。果たして、この2つの事件に関連性はあるのか?

■裏ワザ

【4大パスワード】
パスワードを「エンディングガミタイヨ」

と入れるとエンディングが見られる。

「シーントバシ」と入力すると面セレクトができる。

「ビージーエムガキキタイ」と入力すると

ミュージックセレクトができる。

「エガミタイ」と入力するとゲーム画面をすべて見られる。




ドメイン最安値に挑戦中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。