懐かしのゲーム紹介『ファミスタ’89 開幕版!!』ファミコン




 ファミスタ’89 開幕版!!

発売日 1989年7月28日 木曜日
価格(販売当時) 4,900円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 1.5M
メーカー ナムコ

ドメイン最安値に挑戦中!!

前作14球団に隠しチームが加わり全16球団となった。
球場選択・打順変更・好調選手・ひいきなどのシステムに
変更は無いが、1Pモードに於けるパスワードが復活し
電源を切っても続きから再開できるようになった。
前作同様、最初に対戦するチームと球場を任意で選択でき
以降の対戦相手と球場は自動的に決められるが
パスワードコンティニューで始めた場合は球場のみ選択が可能。
13チームに勝ち抜くと、PCE版プロ野球ワールドスタジアムに
登場した隠しチーム2球団が登場。投打の能力値の高さは勿論
守備時の野手の移動速度や塁タッチがこちらよりも速いうえ
全員素早い送球をしてくるなど、攻走守に全く隙が
ない万能チームとなっている。ともにCOM専用のチームと
なっておりプレイヤーが操作することはできない。
プロスターズ

13番目の対戦相手として登場
PCE版では「オールドスターズ」(Oチーム)と名乗っていたが
オリエンツと頭文字が重複するため、チーム名が変更となった。
王・長島・張本など昭和時代の名選手が集結した強豪チーム。
前作を最後に現役引退した山田が早速こちらに移籍している。
強いことは強いが、通常のチーム同様、変化球攻めで三振は奪える。
オールドリームス

最後の対戦相手として登場
野球漫画・アニメのヒーローが集結したドリームチーム。
『緑山高校』の二階堂がなぜか右投げとなっている。
全員がチート級の能力。バットを振ればヒットになる。
投手以外に安心して対戦できる打者がいない。
プロスターズと違い、誰がどんな球を投げようとも三振を
奪うことができない。フォークボールも無効化する。
ピッチャーの「ほし」は高確率で消える魔球を投げてくる。
普通にやったら勝てない、やっぱりPCE版同様にズルするしかない。
チームエディットのシステムが大幅に変わり、作成した
選手を任意の球団の選手と入れ替える形で
使用することができる。前作のエディットと異なり
全体パラメータの合計値が無いため、能力値を最大値まで
引き上げた選手を量産することも可能である。
ただしバックアップシステムを搭載していないため
前作同様リセットしても選手データは消えないが
電源を切るとエディットした選手は消えてしまう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。