☆懐かしのゲーム紹介『レーサーミニ四駆 ジャパンカップ』ファミコン




レーサーミニ四駆 ジャパンカップ

発売日 1989年8月25日 木曜日
価格(販売当時) 5,900円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 2M
メーカー コナミ

■裏ワザ

【いきなりレースを楽しむ】
すべてのパーツの中から欲しいパーツを自由に選べるし、グリスアップや軽量化だってできる。まずタイトル画面で、コントローラ1 のボタンをA、上、左、B、下、右の順に押す。これは「コロコロコミック」を持ったままでゲームオーバーになると教えてもらえる隠しコマンドで、あとは普通にスタートすればいい。プレイヤーの人数設定などはいつもどおりだが、使用する車を全16種類の中から自由に選んでゲームをプレイできる。

【ジャパンカップ】
前の技は4つのレースをすぐに楽しめる技だが、ジャパンカップを含めて、全部で6コースのレースをいきなり楽しめるコマンドもある。コントローラ1 コンのボタンを、左、下、A、右、上、Bの順に押してスタート。ミニ四駆は16種類の中から好きに選べるし、パーツも全部そろっているので自由に選んでセッティングできる。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。