☆懐かしのゲーム紹介『中華大仙』ファミコン




 中華大仙

発売日 1989年9月22日 木曜日
価格(販売当時) 5,800円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 2M
メーカー タイトー

■裏ワザ

【難易度設定コマンド】
タイトル画面でコントローラ1 の左上とBボタンを
押しながらスタートを押す。音が鳴ったら
セレクト、B、左の順に押す。難易度設定モードになる。
ゲームの難易度は、HARD、NORMAL、EASYの
3種類に変えることができ、マイケルの残り人数は
0から5まで変化できる。ゲーム中にポーズをかけ
Bボタンを押す回数によりマイケルの撃つ弾を
パワーアップさせることもできる。設定は、セレクトで
選ぶことができるので、後は自分の好みの設定にして
EXITを選んでタイトル画面に戻し、ゲームを始めればいい。
【隠しラウンド】
ラウンド4の赤い竜を倒し、赤い竜がいた岩と岩の間に
入りこむと画面がスクロールして、マイケルが
画面の外に出てしまう。これで普通ならマイケルが
やられるはずだが、「ROUND!?西欧界」
という表示が出る。その後、隠しラウンドが始まる。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。