懐かしのゲーム紹介『スクウェアのトム・ソーヤ』ファミコン

スクウェアのトム・ソーヤ

発売日 1989年11月30日 水曜日
価格(販売当時) 6,500円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 2M+64KRAM
メーカー スクウェア

SquareTom_16

トム・ソーヤ』と言えばアメリカの作家
マーク・トウェインによって1876年に発表された
児童文学の名作『トム・ソーヤーの冒険』の主人公。
このゲームはその『トム・ソーヤーの冒険』を
原作にした、ちょっと変わったシステムのRPGです。
当時『ファイナルファンタジー』で上向き調子
だったスクウェアが、なぜこんな企画を立てたのか
経緯が気になるところですが……(笑)
ちなみに、タイトルに『スクウェアの~』
とついているのは、ほぼ同時期に、セタからも
ファミコンソフトで『トム・ソーヤーの冒険』
というアクションゲームが発売されていたため。
この時期、「トム・ソーヤが売れる!」というような
ブームの予兆でもあったのでしょうか……?

SquareTom_02

物語の舞台は1855年のアメリカ・ミズリー州。
ミシシッピ川流域のセント・ピーターズの街で
弟シッドと共に、伯母であるポリーの家で
生活しているやんちゃな少年、トムが主人公。
ある日トムは、親友であるハック、ガールフレンドのエミー
トムの家の下働きで友人でもあるジムたちと共に
見知らぬ街へとやってくる夢を見ます。
彼らの話では、その街には宝物が隠されているのだとか。
しかし、ハック・エミー・ジムは、三人乗りの船に乗り
トムを置いて去ってしまいます……。

SquareTom_03

という意味深な夢から目が覚めたところで、ゲームスタート。
家の外から始まりますが、とりあえず何をすればいいのかもわからないので、歩き回っていろんな人の話を聞いてみるしかないですね

このゲームのフィールド画面(?)は、キャラクターは上下左右に動かせますが、マップは基本左右にのみスクロールする、いわゆるベルトスクロールタイプ。
『がんばれゴエモン』シリーズに似た感じ、といえば何となく伝わるでしょうか。

SquareTom_04

家に入るとポリー伯母さんと弟のシッドが。
伯母さんは口うるさいながらも、家に
帰ってきたトムを休ませてくれます。
このゲームではお金の概念がなく、宿屋も存在
しないので、減った体力を回復するには
このポリー伯母さんの家を始めとする
「泊めてくれる人の家」を見つけてそこで休むことになります。

SquareTom_05

トムの住むセントピーターズの街は、海賊が
隠したという宝物の噂でもちきり。
街の子供たちはおろか、大人までもが宝探しに行く
なんて言い出している有様。オープニングの夢
のシーンからも予想できますが、どうやら
このゲームの目的はその宝を探すことみたいですね。

SquareTom_09

街の人に話を聞いて回っていたら、何やら
クエストを依頼されました。
北の森にいるヘイズ爺さんに手紙を届けてほしいとのこと。
まずはこれが最初の目的になるようですね。

SquareTom_06

一人で森へ突入する前に……。
このゲームではRPGらしく、最大4人までの
パーティーを組むことができます。
仲間になるキャラはあちこちにいて、ストーリーを
進めていくにつれて様々な人物を任意に加える
ことができるようになるみたいです。
まず最初に仲間にできるのは、ポリー伯母さんの
家のすぐ近くで掃除をしているジム。
黒人の少年ということみたいですが、それにしても
あんまりなキャラクターデザインですね

SquareTom_07

そしてもう一人、セントピーターズの街を
ぶらぶらしているガールフレンドのエミーも仲間に。
エミーは空き家で回復アイテムのパンを拾える
という謎の特技を持つ女子なので、パーティーの
回復アイテム補充には欠かせない存在。

SquareTom_08

前述の通り、このゲームにはお金という
概念がなく、宿屋やお店もありません。
アイテムは基本拾うか、誰かからもらうことになります。
パーティーに加えた仲間たちは最初から色々と
アイテムを持っていて、それが後々ゲームを
進める上で重要になってくることもあるので
所持アイテムもきちんと確認しておきましょう
ちなみに、エミーの持つ「パン」はパーティーを
回復させるアイテム、トムの持つ「テント」は
フィールド上でセーブするためのアイテムです。

SquareTom_10

というわけで北の森へ。
安全な街とは違い、森には危険な生物がうようよ。
RPGですから、歩いていると当然、敵とエンカウントして戦闘になります。

SquareTom_11

これがこのゲームの戦闘画面。
手前にトムたち、奥に小さなシルエットで
敵が表示されますが、正直この状態では
敵がどんな相手かはよくわかりません。

SquareTom_12

パーティーキャラが敵に攻撃する時は
こんな感じで砂煙を上げつつ敵に突撃していき、ダメージを与えます。

SquareTom_13

敵から攻撃を受ける時は、敵の方が接近してきて
ここで初めて敵の姿と名前が明らかに。
ちなみに普通のRPGと異なり、なんと
このゲームでのダメージは「1.2のダメージ」
ダメージ数値が小数点以下まで表示されるのが特徴。

SquareTom_14

敵を倒しても、経験値などは獲得せず
レベルアップといった概念もありません。
が、戦闘を繰り返す度に、パーティーキャラの
最大体力などのパラメーターが伸び少しずつ強くなります。
戦闘終了後に、具体的にどんなパラメーターが
どれだけ上がったかは表示されないので
寝泊まりして体力の最大値が上がってたり
敵に与えるダメージの上昇ぶりなどから
なんとなく判断するしかない様子。
ちなみに、武器や防具といった装備の概念も
このゲームにはないので、普通のよくあるRPGを
イメージしていると、色々戸惑うところが多いですね。

SquareTom_15

森の奥でヘイズ爺さんに手紙を「わたす」
(このゲームではちゃんとアイテム画面から
「わたす」コマンドを使わないと、人に
アイテムを渡したことにならない)とサウスエンドと
いう街の化け物屋敷?に、例の海賊の宝があるらしい
という話をしてくれます。
なるほど、そこを目指せばいいわけですね
というわけで、住み慣れたセントピーターズの街から
サウスエンドの宝を目指して、トムたちは
冒険の旅に出ることに……。

SquareTom_17

ゲームが進むと、カヌーを手に入れて
広大なミシシッピ川を移動できるようになります。
しかし川を移動中にも、アリゲーターなど様々な強敵が。
サウスエンドにたどりつくまでにはまだまだ
たくさんの困難が待ち受けていそうです

SquareTom_18

移動時のキャラクターの大きさや、バトルでの
敵のコミカルさ、少年たちが宝探しのために旅に出る
といったいかにも児童文学っぽい感じのストーリーなど
ターゲット年齢層は低めで、あまりゲーム慣れ
していないお子様でも楽しめるようにという
コンセプトで作られたのかな。
従来のRPGに慣れている人からすると、お金や武具装備
経験値やレベルアップといった、RPGにはお約束の
概念がなかったりするのでかなり戸惑いますが
そうした要素を省いた分、RPG初心者にはあまり
難しいことを気にせず楽しめる面はあるかもしれませんね。

SquareTom_19

ゲームの雰囲気は終始明るくコミカル
旅をする場所も自然豊かなミズーリらしい
なんとものどかな雰囲気の場所ばかり。
もしこのゲームが、ファミコンよりも
グラフィック表現の豊かなハードで作られていたら
よりたくさんの素敵な景色が見られたかもしれませんね~。
なんとなく癒し系な感じもする不思議なテイストのRPGです。

■裏ワザ

【スタッフの隠れメッセージ】
必殺技の名前を「ホワイトラビット」と入力する。
コントローラ2 のBボタンを押したままきめるを選べば
スタッフの隠れメッセージが見られる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。