懐かしのゲーム紹介『 西村京太郎ミステリー スーパーエクスプレス殺人事件』ファミコン




 西村京太郎ミステリー スーパーエクスプレス殺人事件

発売日 1990年3月2日 金曜日
価格(販売当時) 6,500円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 2M
メーカー アイレム
ジャンル アドベンチャー

西村京太郎ミステリー スーパーエクスプレス殺人事件とは、1990年3月2日に発売されたFCのミステリーADVである。
発売はアイレム、開発はタムテックス、定価は6,500円。
西村京太郎ミステリーとしては2作目に当たる。

 

あらすじ

 

<×月×日 殺人事件発生>
23時49分新大阪駅着のひかり323号、ツイン個室内で女性の絞殺死体が発見された。被害者は東京のファッションメーカー「シラノ」の女社長“野上君子”。たまたま大阪府警にいあわせた警視庁捜査一課の亀井刑事は現場へ急行、捜査を進めることになった。
乗務員、食堂車のウエイトレスなどからの事情聴取の結果、“野上君子”が殺されたのは、名古屋から新大阪までの間。容疑者を同乗の夫“野上豊”と断定した。
ところが翌日、“野上豊”が大阪府警に出頭、犯行を否定した。アリバイも成立する。
そして“野上君子”周辺の捜査が進むうち、大手の男性ファッションメーカー「ナイト」が「シラノ」を吸収しようと考えていることが判ってきた。君子を殺す動機のある者は…。
亀井刑事の脳裡にいやな予感が走った。
これより捜査は核心に入る。

登場人物

  • 亀井刑事
本作のプレイヤーの分身。
グラフィックは愛川欽也を元にしている。
前作は3人の刑事によるザッピング形式だったが、今回は終始亀さん視点で進む。
前作はいくつかの事件が並行して起きていたが、今回は一つの事件を追っているので仕方ない。
  • 十津川警部
事件の指揮を執る亀さんの上司。
グラフィックは三橋達也を元にしている。
要所要所で十津川警部へ報告を入れたり、指示を受けて別の場所へ行ったり、電話で新たな情報を聞いたりするので出番は多い。
  • 北条刑事
警察署に戻った時に迎えてくれる紅一点。
グラフィックは山村紅葉を元にしている。

ドメイン最安値に挑戦中!!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。