懐かしのゲーム紹介『ソルスティス 三次元迷宮の狂獣』ファミコン




ソルスティス 三次元迷宮の狂獣

発売日 1990年7月20日 金曜日
価格(販売当時) 5,900円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 1M+64KRAM
メーカー EPIC・ソニー

概要

元々海外のNES用ソフトとして発売された
『Solstice:The Quest for the Staff of Demnos』の日本版である。
ちなみに開発は『シルバーサーファー』『ブラスターマスター2』
などでお馴染みのSoftware Creationsによるものである。
特徴
魔術師シャダックスを操作して古城に
隠された杖の欠片を集め、黒魔術師モルビスを
倒しさらわれたエレノア姫を救い出すという
筋書きの、クォータービュー方式の擬似3Dアクションゲーム。
このゲームはアクションゲームではあるが
基本的には攻撃方法がないため、探索ゲームや
パズルゲームとしての性格が強い。
操作方法は十字ボタンで4方向に移動
Aでジャンプ、Bで足元にある台や箱などの
アイテムを拾ったり置いたりするというもの。




懐かしのゲーム探しませんか?

A8.netなら!
◇スマートフォンやPCから簡単に広告が掲載可能
◇もちろん会員登録は無料。その後も費用はかかりません!
◇欲しい商品がお得に購入できるセルフバックの利用ができる
◇有名ブランドから高額報酬がもらえる広告を掲載
アフィリエイトを始めるならA8.net(エーハチネット)
まずは登録してみませんか??
↓↓登録はコチラから↓↓
サイトに広告を掲載してお小遣いが稼げる!【A8.net】

気になるニキビに集中ケア♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。