懐かしのゲーム紹介『ワールドボクシング』ファミコン




ワールドボクシング

発売日 1990年9月8日 土曜日
価格(販売当時) 5,900円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 2M
メーカー T.S.S.
ジャンル ボクシング

画面が上下に2分割され、それぞれ自分と
対戦相手が写る形式のボクシングゲーム。
試合も熱いが結構ストーリーも凝っていたりする。
開発はナツメ。
3つタイトルを獲得するとチャンピオンとの対決になる。
チャンピオンに負けたらバッドエンディング。

メンズ脱毛はエルセーヌがオススメです♪

操作方法
十字キー 上はストレート。下はアッパー。左右はフック
十字キー+A 上は顔のガード。下はボディのガード。左右はスウェイ
十字キー+B ボディブロー。方向の打ち分けの効果は良く分からない
体力右のゲージがパンチ力?
パンチをしないでいると溜まる。
相手の攻撃をよけたとき、大幅に溜まる。
反射神経ゲー……と思いきや、完全パターン。
人によっては反射神経で遊ぶことも出来ると
思われますが、私はパターンに嵌めました。
パターンゲーが好きな自分のラストクリアと
してふさわしいゲームだったと思います。
軽く攻略法を書きますと、相手はいくつかの
行動パターンを持っています。
それはあらゆるパンチを回避してカウンターを
仕掛けてくる待ちであったり、
パワーを溜めて殴ってくるものであったりします。
そのパターンは試合時間で変わっていきます。
それぞれパターンに対して対策を立てましょう。
パワーの高いパンチは避けるようにし、避け切れないものはガード。
完全待ちの場合はこちらも仕掛けずに待ちましょう。打っても無駄。
こちらの使うパンチは↑+Bの必殺パンチだけです。
ガードさせても結構削れますので競り勝ってください。

▲まずはオープニング。期待のナツメBGMここだけ

 

▲CBAは3つのタイトルの内で最弱。パターンろくに組まなくても勝てる。

 

▲なかなか強敵のアカギさん。最初は完全回避である。

▲パターンは分かりやすく、しぶとくはない。

 

▲3つのタイトルの内で最強のヴァルデスさん。しぶとい。

 

▲ですがまだ余裕はあります。

▲チャンピオンとの試合の前に死亡フラグを踏む作業。
「おれ、この試合に勝ったら……。」

▲8勝26敗で挑戦しちゃうボクサーってなんなの?死ぬの?

▲いよいよ始まるタイトルマッチ!

 

そして

 

▲「燃えたぜ……真っ白にな……。」
はいはい死亡フラグ死亡フラグ。
は置いといて。
死亡フラグを無かった事にするためのパターン構築作業……。

 

▲キースは流石に強く、まずTKOは狙えません。
判定勝ちを狙いましょう。
こちらのパンチは殆どガードされてしまうので
ガードの上から削り倒します。
しかもパンチをまともに食らってはあっという間に
KOされてしまうので確実に回避&防御。
9割以上完璧にできないと負けます。
■裏技

【デバッグモード】

ゲームを始めたら、コントローラ1 と
コントローラ2 のA、Bを押したままリセットを押す。
タイトル画面が表示されたら、コントローラ1 の
A、Bだけを押したままスタートを押せば
サウンドテストや無敵ができるデバッグモードになる。




懐かしのゲーム探しませんか?

A8.netなら!
◇スマートフォンやPCから簡単に広告が掲載可能
◇もちろん会員登録は無料。その後も費用はかかりません!
◇欲しい商品がお得に購入できるセルフバックの利用ができる
◇有名ブランドから高額報酬がもらえる広告を掲載
アフィリエイトを始めるならA8.net(エーハチネット)
まずは登録してみませんか??
↓↓登録はコチラから↓↓
サイトに広告を掲載してお小遣いが稼げる!【A8.net】

気になるニキビに集中ケア♪

最短10分で即現金化!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。