ローカルすぎるファミコン風ゲーム『凍える銀鈴花』プレイレポ ート




ローカルすぎるファミコン風ゲーム『凍える銀鈴花』

Nintendo Switchで発売された『秋田・男鹿ミステリー案内 凍える銀鈴花』。
ファミコンやゲームボーイの画面を彷彿とさせるカクカクのドット絵に
限られた音階で表現されるピコピコ音。みちのく秋田を舞台に
「ファミコン風コマンド選択型アドベンチャー」が帰ってきた。
ちょっとプレイしてみたら、やたら詳しくご当地の観光案内をしながら
犯人を追い詰めていく火曜サスペンス的な展開
「それ気づく人いるの!?」というローカルネタ……
ツッコミどころ満載の独特の世界観が広がっていた。

・総当たりのコマンド選択式アドベンチャー

プレイヤーは警視庁の刑事となって、相棒のケンと
特殊詐欺事件を捜査する。グラフィックは8bit風の
背景画と人物のみ。バトルシーンも食事シーンも
すべて「会話テキスト」で表現される。
オープニングムービーなんて無駄なものはなく、一緒に捜査を
担当してきたはずのプレイヤーに、「これまでのあらすじ」を
イチから説明してくれるケン。目に映る風景も、
食べている食事の味も、すべてケンのセリフで表現されるので
やたらと彼が説明口調なのは責められない。

ゲームシステムはコマンド選択式のアドベンチャー。
「ばしょいどう」「しらべろ」「みせろ」などの選択肢から
必要なコマンドを選択すると物語が進行する。
しかし「ここはこのコマンドしかないっしょ」というような
“匂わせ” はまったくない。同じコマンドを何回か選んだり
決められた順番で選んだりしないとフラグが立たないことも多い。
思いもよらない選択肢がビンゴだったりするので
もはや「総当たり方式」だ。め、めんどくさい……!
最近ではもっぱら自由気ままなオープンワールドゲーム
ばかりプレイしていただけに、筆者の中でギャップがすごい。
同じテキストを繰り返し読むことでしか真実を
見いだせないサウンドノベル隆盛期を思い出した。
メモを取りながら必死で分岐点を探したなぁ『かまいたちの夜』……。

ドメイン最安値に挑戦中!!

・ちょいちょいでてくる秋田ネタ

会話は軽妙でテンポがよい……のだが
「秋田新幹線は最後の30分だけ進行方向と座席が逆」
「秋田犬は “あきたけん” ではなく “あきたいぬ”」など
ちょいちょいローカルネタを入れてくる。
おそらく大半のプレイヤーはまったく気づかずスルーするような
ニッチなネタばかりだ。ホント「誰得!?」である。
登場する風景や食べ物、飲食店はみんなモデルがある。
たとえば真っ黒いスープが有名な「末廣ラーメン本舗」
稲庭うどんの「佐藤養助商店」、銘菓「金萬」などなど。
綿密な取材を行ったことがうかがえる。
そしてここはポートタワー・セリオンじゃないか!
 「気づく人は気づく」「でもたいていの人にとっては意味がない」
イースターエッグが随所にみられる。狂気のこだわりである。




・あふれ出る昭和感

特殊詐欺グループが捜査ターゲットであることや
UberEATSらしきデリバリーサービスが登場するところをみると
舞台は現代である。しかし、あふれ出る昭和感……!
 まさに火曜サスペンス劇場の世界である。
あっちもこっちも古くさく、ちょっと野暮ったく
どこか懐かしい。同人ゲームでさえ市場にあふれる便利な
ツールを使えばいくらでもリッチなゲームを作れるのに
あえて古めかしく作ってあるのだ。それが斬新。
そう、かつてゲームとはめんどくさいものであった。
描かれていない部分は想像力で補い、ゲームオーバーを繰り返し
やり直す手間を惜しまない。古き良き時代を思い出させてくれるゲームである。
Nintendo Switch版『秋田・男鹿ミステリー案内 凍える銀鈴花』
は税込2000円で販売中。前作『伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠』
もぜひどうぞ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。