元祖アザラシキャラクター、ゴマちゃんが懐かしい!FC少年アシベネパール大冒険の巻』

元祖アザラシキャラクター、ゴマちゃんが懐かしい!




FC少年アシベネパール大冒険の巻』

1991年発売『少年アシベ ネパール大冒険の巻』

1991年にアニメで放送されて以来、人気のゴマちゃん。
つい最近までEテレで『GO!GO!ゴマちゃん』
としてテレビで放送されていました。知らないうちに
声優さん、当時とガラッと変わっていて驚きました。
そんなゴマちゃんの『少年アシベ ネパール大冒険の巻』は
1991年にタカラから発売されたファミコンソフトです。
ちょうどアニメで少年アシベがやっていた時期。
ゴマちゃんが大好きだった自分は、ぬいぐるみを
買う代わりにこのファミコンソフトを買ってもらいました。
 (2246764)




主な登場人物をおさらい!

アシベ&ゴマちゃん

 (2246778)

芦屋アシベ、小学1年生。
元気いっぱいで声が大きい。友達がたくさんいる。
ゴマちゃんは、キューと鳴くゴマフアザラシ。
とても可愛いみんなのアイドル的存在。




スガオくん

 (2246782)
アシベの親友で、アシベのことが好きすぎて
アシベのぬいぐるみをずっと持っている。
お父さんの転勤のためネパールで暮らすことになる。

父ちゃん母ちゃん

 (2246788)

父ちゃんは、建設会社に勤める大工さん。ハチマキと腹巻がトレードマーク。
母ちゃんは、主婦。クールだけどお茶目なところがある。

じいちゃんとペッペッペッさん

 (2246791)

じいちゃんは、芦屋商事の社長。
ゲームでは自家用ジェットでネパールに連れていってくれる。
ペッペッペッさんは、社長の秘書。美人で男性からの人気が高い。




どんなゲームだった?

夏休みが始まる前日、ネパールに引っ越して
しまった友達スガオくんのお母さんからの手紙を
ゴマちゃんがくわえていました。その手紙をきっかけに
主人公のアシベが、スガオくんに会いにネパールへいくというストーリー。

「ゴマちゃんをさがせ」「アシベ、がんばる!」
「ネパール大冒険」の3章設定になっており、大人が
プレイすれば1時間程度で全部クリアできてしまうほどの難易度。
バッドエンドもないやさしい設計になっています。
コマンド選択式のアドベンチャーゲームで
サクサク進められるのですが、当時小学生だった自分は
ネパールのジャングルから抜け出せず
クリアできなかった苦い思い出がありました。

まとめ

簡単にクリアできるので、サクッとプレイしたい方には
向いているかもしれませんが「アドベンチャーゲームをやりこみたい!」
という人にはボリュームが少なすぎるという感想です。
ただ、キャラクターや少年アシベの世界観が好きな人
にはとても楽しめると思います。
飛行機になったり、バッグになったり
いろんなゴマちゃんが見られるので
ゴマちゃん好きにはオススメできるゲームでした。




■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
■お名前.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。