幻の任天堂プレイステーションの存在をご存知ですか?

幻に終わった任天堂プレイステーション




16bitゲーム機全盛の1990年代前半に、その計画は
立ち上がり、そして幻に終わりました。
噂だけは知られていましたが、2015年になって
実物の所有者がネット上に写真と動画を公開した
ことから世界中で認知されることとなったんです。
8bitから16bit時代の「絶対王者」任天堂と3
2bit時代を制圧したソニー。
ゲーム機戦国時代の栄枯盛衰を思わせる両者が
交わる可能性がたしかにあったのです。
スーパーファミコンのコントローラーに
「プレイステーション」と記されていますよね。
そして見慣れないCD-ROM、スーパーファミコンに
CD-ROMがなかったことは誰もが知っています。

任天堂一強が揺らぎ始めた?スーパーファミコン時代

ファミコンで圧倒的な成功を収めた任天堂に挑み続けたセガ。
ゲームメーカーとして成功を収めたハドソンと組んだNEC。
「ファミコンの次」を狙った戦いはこの3社が中心でした。
なかでもNECは当時8bitパソコン市場をリードしていましたが
1985年にはCD-ROMを記録媒体としたゲーム機の構想を持ち
同時期に高性能のチップ開発に成功したハドソンと組んで
PCエンジンの開発に動くのです。




PCエンジンとメガドライブ

ファミコン一強を崩しにかかったのはPCエンジンとメガドライブ。
結局は後発ながらスーパーファミコンに市場を
制圧されるのですが、ファミコン一強時代に

終止符を打ったマシンたちでした。

ゲームの記録媒体としては後にCD-ROMやDVDが

主戦場となるのですが、80年代中盤からその構想を
抱いていたのはNEC。任天堂については2001年の
ニンテンドーゲームキューブまで、CDやDVDを
記録媒体とする選択をすることがありませんでした。

PCエンジン

PCエンジン
1987年10月発売、累計販売台数は1000万台。

メガドライブ

メガドライブ
1988年10月発売、国内の販売台数は350万台。
世界での販売台数は3000万台。

スーパーファミコン

スーパーファミコン
1990年11月発売、国内の販売台数は1700万台。
世界での販売台数は4900万台。

大容量を扱えるCD-ROM機が立ち上がる

PCエンジンについては当初の計画通り、セガは遅れること
3年でCD-ROMドライブユニットを投入。
国内ではPCエンジン、北米ではメガドライブが
CD-ROMの市場を牽引しました。

CD-ROM2

CD-ROM2
1988年12月発売。

メガCD

メガCD
1991年12月発売。
CD-ROM機構想について、いち早く着目していたのはNEC。
しかしながら80年代中盤、同じくCD-ROM機構想を
抱いて任天堂に話を持ち掛けたのが実はソニーでした。
1990年1月には任天堂とソニーで次世代ファミコン
共同開発に調印し、CD-ROM機の開発を表明しています。

スーパーファミコン発売の11か月前のことです。

これこそ、任天堂プレイステーションとなるマシンでした。
ソニーは当然、試作機の開発を着々と進めていきました。

喰うか喰われるか、任天堂とソニーの協業は空中分解

1992年1月、任天堂はスーパーファミコン用大容量化の
周辺機器「スーパーファミコンCD-ROMアダプタ」を
フィリップス社と共同開発を記者会見で発表。

これはプレイステーション計画を白紙に戻した末の選択でした。

「主戦場をCD-ROMに移した場合、組み先である

ソニーに覇権を握られてしまうのでは?」
任天堂にそんな思惑が働いたことが、当時の経緯からみてとれます。
しかしながら、結果として任天堂とフィリップス社
との共同開発も日の目を見ることはありませんでした。
当時のソニー久夛良木健さん(プレステ生みの親)のコメントです。
ソニーの久夛良木健によると、フィリップス社との
共同開発機には、CD-iが採用される事になっており
CD-iをフィリップスと共同開発したソニーとしてCD-iに
できる事、できない事を理解しており、「任天堂さんとは道が離れた。
進化の先に見ていたものが違った。」と判断し
だったら我々は我々の方法で、進化を加速させよう!
とソニーの独立したゲーム機、プレイステーションを
開発する事になった。

 

結果、任天堂プレイステーションは幻に。

スーパーファミコンとCD-ROMアダプタの一体型

ゲーム機としてソニーから1993年発売予定だった
このマシンはお蔵入りし、ソニーは独自の
プレイステーションとして32bit時代を勝ち切ることとなりました。

セガサターン

セガサターン
1994年11月発売、国内の販売台数は580万台。
世界での販売台数は900万台。

プレイステーション

プレイステーション
1994年12月発売、国内の販売台数は
1900万台。世界での販売台数は1億台。

NINTENDO64

NINTENDO64

1996年6月発売、国内の販売台数は550万台。
世界での販売台数は3200万台。
1990年中盤は、ソニーのマーケティング戦略が
完全に勝利したといってよいでしょう。
ナムコやスクウェア、エニックスといったファミコン時代を
支えたゲームメーカーはすでにプレステ陣営に移った後のことでした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。