任天堂非公認!こんなモノが許されていた時代!?幻のクソパクリゲー『ミスピーチワールド』

あのキャラクターをもろにパクっちゃった『ミスピーチワールド』

「ピーチ姫」と言えばみなさんご存知
「マリオシリーズ」に登場するお姫様ですよね。
『スーパーマリオブラザーズ』(1985年)以降の
シリーズから登場するキノコ王国のお姫様であり
世界的な知名度も高い魅力的なキャラクターです。
このピーチ姫が主役に抜擢された作品は、2005年に
発売されたニンテンドーDS用ソフト
『スーパープリンセスピーチ』が初めて…なのですが
無謀にもこのピーチ姫を(無断で)題材にした

パロディ作品がその昔、ファミコンで発売されていたのです。

それが今回紹介する幻のクソゲー

ハッカーインターナショナルが1991年に
発売した任天堂非公認のファミコン用アクションゲーム
その名も『ミスピーチワールド』……ッ!!
この記事ではそんな本作のゲーム内容の紹介
同年に発売された他のゲームソフトなどに触れていきたいと思います。




パッケージの比較と価格、プレミアソフトたる所以

『ミスピーチワールド』パッケージ

まずこちらが(問題の?)『ミスピーチワールド』
自称「大爆笑!ピーチパロディー アメリカン
コミックアクション」だそうですが
内容は全く笑えません。まあお楽しみの内容は
後回しにしてこのパッケージなのですが……

『スーパーマリオブラザーズ3』攻略本

『スーパーマリオブラザーズ3』攻略本

気づいた方も多いのではないでしょうか、あからさまに
『スーパーマリオブラザーズ3』のパッケージを
パクっ…意識していますね。ミスピーチ
(ピーチ姫とは言っていない)が両手を広げて飛んでいます。
最もこのゲームのパロディ部分って
実はほとんどパッケージだけなのですが。
このようにパッケージからして怪しさ抜群のこのゲーム
後述するゲーム内容も一言で言ってしまえば
クソゲーなのですが、本数自体が少なかったらしく
またピーチ姫という名の知れたキャラクターをパロったからか
非公認ソフトのくせに知名度が高めで
結構な額のプレミアが付いております。
試しにヤフオクで調べてみると、なんと箱・説明書付きの
ものは35,000円で取り引きされていました。




色々トンでる設定とゲーム概要、制作会社について

説明書には、「怪獣から救われたミスピーチ
(ピーチ姫とは言っていない)が、その後
ロスアンゼルス市警の麻薬Gメン(スケボーの名人)になった」
という意味不明な内容が記されておりマフィアに
さらわれた美少女(名前すら不明)の救出に
向かうというのがゲームの目的とされています。
また当時は雑誌裏に怪しい広告を出しており
紹介文には「アブナイ敵キャラ達を倒して

美少女を助ける事ができるか」と掲載されていました。

麻薬やらマフィアやらアブナイ敵やら、原作?

シリーズからはかなりかけ離れた内容ですが
無論、任天堂が開発したゲームでもありませんし
任天堂は許可も出していません。本作を販売していた
ハッカーインターナショナル社はメーカーへ
ライセンス料を払わずに、主にR-18なピンクな
非公認ソフトばかりを制作することで知られていた
いわくつきのメーカーでした。『ボディコンクエスト』や
『ハイレグファンタジー』などが有名っちゃ
有名でしょうか、聞いたことがある人も中にはいるはず。
任天堂と裁判沙汰になったこともありましたが
ゲーム業界からは2001年ごろから人知れず姿を消します。

ゲーム内容、特徴など

ゲームの目的としては、麻薬を製造している
マフィアに連れ去られた一人の美少女を
助けるというありがちなもの。ステージを
クリアしたときの幕間にその美少女の一枚絵が現れ
英語ではなくローマ字でセリフが表示される。
そのセリフは捕らわれの身となっている者が
発言するようなものには決して見えないものが多い。
そして、ステージを進めるごとに何故か肌が露出していき
セリフも少しエロくなっていく。他にもエロい
非公認ソフトを作ってきたハッカーインターナショナルなので
その理由を問うのは野暮なことだろう。
1992年発売『スーパーマリオUSA』

1992年発売『スーパーマリオUSA』

主役を得るには十数年かかりましたが
古くは『スーパーマリオUSA』から
プレイヤーキャラクターとして活躍していました。
もちろんミスピーチの話ではなく、ピーチ姫の話です。
ゲーム内容はスケボーに乗ったミスピーチを
操作する横スクロールアクション。
スケボーに乗っていることもあってか操作性が悪く
また、攻撃手段に乏しく判定も分かりにくい。
ステージ構成はプレイヤーを苛つかせる
仕掛けが満載で無駄に難易度が高い。
イカれたネーミングセンスのアブナイ

敵キャラクター達も魅力?のポイント。

・大ボス怪獣オコッテンドー
・性感マッサージ師 オイルマン
・Hなコウモリ バットマン
・ズウズウしいバッタ オバッタリアン
・L.A.マフィア マーロンブロンド

と、色々な方面から限りなくアウトに

近い方々が勢ぞろい。これで怒られなかったんだから時代を感じますね。

プレイヤーをイラつかせるクソゲー要素

操作感

無駄にスケボーの名人になってしまったせいで
ゲーム中は常にスケボーに乗っており動くだけで
ヘンな慣性が働き、操作性は劣悪です。攻撃手段は
基本的にはパンチしかなく、当たり判定が
分かりづらいうえ実際のリーチもかなり短いため
当てに行くだけでダメージを受けます。
体力制なのが唯一の救いでしょうか。

演出面

ステージBGMは安定の1種類のみ。曲自体も
短く永遠にループするため、慣れてくるとこれを
聞いているだけでイライラしてきます。しかもこの曲
自体もハッカーインターナショナル社の別ゲームの使いまわしです。
グラフィック面においては、主人公がどこから
どう見てもピーチではなくなっており
マリリン・モンローモドキといった感じの女性に
なっています。帽子もかぶっておらず、完全にパッケージ詐欺です。
助けることになっている美少女とやらも
とんでもない不細工で、なぜか入っている脱衣シーンも気持ち悪いだけに…。




1991年に発売された他のゲームタイトル

・スーパーファミコン『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』(1991年11月、任天堂)
・スーパーファミコン『ファイナルファンタジーIV』(1991年7月、スクウェア)
・メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』(1991年7月、セガ)

『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』

『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』

『ファイナルファンタジーIV』

『ファイナルファンタジーIV』

『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』

『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』

ピーチに騙されていざ中身を見てみると
とんでもないマイナークソゲーですね!!!
評価できるポイントの見当たらないゲームというの
もなかなかないと思います。普通にパッケージ詐欺ですし。

それだけ何をやっても許されていた時代だったんですね。

操作性の悪さ、デザインの絶妙な気持ち悪さ

トラップの理不尽な配置、単調なBGM、アブナイ敵
高すぎる難易度、謎のR-18要素、そして問題のパッケージ…。
どれをとっても一級品のまごうことなきクソゲーです。
どうしてもピーチ姫のゲームをやりたい方は素直に
任天堂公式の『スーパープリンセスピーチ』を買いましょう。
という話でした。




余談

Menace Beachについて
ミスピーチワールドはアメリカのソフトハウスが
制作したと説明書に書かれており、ハッカーの
オリジナルソフトではなく、Color Dreams社製
海外NES用ソフト「Menace Beach(わんぱくビーチ)」
が元となっている。但し、許可を得てミスピーチワールドに
したのか、勝手にデータを転用したのかは謎。
そして、この「Menace Beach」も任天堂非公認ソフトである。

『ミスピーチワールド』カセット

『ミスピーチワールド』カセット

ゲーム内容はまったく同じで、キャラクタや
幕間のグラフィックが異なる程度である。
ストーリーも少年が捕らわれの女の子を救いに
いくというもので、幕間の女の子の肌が
どんどん露出していく。ちなみに服が腐っていくという設定らしい。
つまりはゲームの中身すら海外のゲームのパク…オマージュだったんですね。
いや、グラフィックを差し替えただけなのでやっぱりパクリですね。
恐ろしいゲームですな。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。