懐かしの名作を振り返る【ゼルダの伝説夢を見る島】リメイク版も豪華すぎる!

懐かしの名作を振り返る【ゼルダの伝説夢を見る島】

リメイク版も豪華すぎる!

【ゼルダの伝説 夢を見る島】1993年発売

 (2255746)
ゼルダシリーズ4作目の『ゼルダの伝説 夢をみる島』は
1993年6月にGBソフトとして発売されました。
1998年にはGBカラー対応の『ゼルダの伝説 夢を見る島DX』
が発売され、2019年にはNintendo Switchでリメイク版が
発売されました。前作のSFCソフト
『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』の後の話という設定。
ゼルダ姫が出てこない、悪役もいない他のゼルダシリーズとは
一風変わったストーリーで、異色の名作と言われています。




こんなゲームだった

ゼルダの外伝的なストーリー

主人公のリンクは、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース』
で魔王ガノンを倒し、船で修行から帰る途中に嵐にあってしまいます。
流れ着いた先は、コホリント島。かぜのさかなを起こさなければ
リンクはコホリント島から出られない。島から脱出するために
リンクはフクロウに導かれながらセイレーンの楽器を集め
かぜのさかなを起こしに行く冒険に出発します。

他のゲームキャラが出てくるのも人気

他のゲームでお馴染みのキャラクターが
たくさん出てくるのも、楽しみの1つです。
スーパーマリオシリーズからは、クリボー・プクプク
テレサ、パックンフラワーなどお馴染みのメンバーが
ダンジョンの敵として時々出現します。
スーパーマリオでは敵だったワンワンは、まさかのペット
として出演。ストーリーの流れで連れて歩くこともできました。
人気のヨッシーも、クレーンゲームの景品として出てきます。
他にもスーパーマリオUSAボスのマムーや
ヘイホー星のカービィまで。豪華ですよね。
『カエルの為に鐘は鳴る』からはリチャード王子が
カエルと共に、キーパーソンとして出てきます。
BGMも同作の曲が流れ、ちょっと得した気分に。




リメイク版はグラフィックやBGMが豪華すぎる!

クレイアニメ風で、このまま映画にでもなりそうな
美しいグラフィック。ゲームをしているというより
アニメを動かしている?という不思議な感覚になります。
キャラクター達もみんなGBの頃以上にかわいくアレンジされています。
ストーリーは、昔プレイしたGB版と変わっていないので
「こんなのあったな~!」と懐かしみながらプレイすることができます。
そして、BGMがオーケストラ風になっていてとても豪華!
でも曲自体は変わっていないので懐かしさは感じられます。
ワンワンの鳴き声や、キャラクターの声もほんの
少し入っているのがおもしろいです。

名曲!かぜのさかなの歌のリメイクがすごい

ゼルダの伝説 夢を見る島といえば
「かぜのさかなのうた」。
ゲーム中でも何度も出てくる曲のフレーズは
GBでプレイしていた頃から何年経っても覚えていますよね。
ゲーム中でマリンが歌うバージョンや、楽器を集めて
演奏されるバージョンなどがありました。
リメイク版ではオーケストラ風になり、より豪華になっています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。