80年代男子の部屋にあったモノ!今買うといくら??

80年代に流行したものって?

音楽、アイドル、おもちゃ、漫画、ファッションなど
様々な分野で流行が生まれた80年代。中でもおもちゃの
分野では、1980年に任天堂が発売した携帯型ゲーム機
「ゲーム&ウオッチ」がそれまでのアナログメインであった
おもちゃの常識を覆すヒットを記録しました。
また、アニメ「機動戦士ガンダム」から派生した「ガンプラ」が
大ヒット。ガンプラブームを巻き起こし、当時のプラモデル人気を
牽引しました。さらに従来のおもちゃについても、亜鉛合金を
用いた豪華なキャラクター玩具・超合金「ゴールドライタン」
がヒットするなど、豪華さを売りにしたおもちゃが全盛を極めていました。

ゲーム&ウオッチ「ボール」

ゲーム&ウオッチ「ボール」

ガンプラ「シャア専用ザク」

ガンプラ「シャア専用ザク」

超合金ゴールドライタン「ライトライタン」

超合金ゴールドライタン「ライトライタン」

豪華さが目立ったのはおもちゃに限らず、80年代後半には
ホンダ・プレリュードをはじめとした「デートカー」が
若者の間で人気に。文字通りデートの必須アイテムとして
当時の男子の憧れの存在となっていました。現代の携帯電話の元と
なった「ショルダーフォン」や、栄養ドリンク「リゲイン」が
流行したのもこの頃。バブル真っ只中という時代の下
ショルダーフォンやリゲインを片手に24時間戦うビジネスマンが
豪華な生活を実現するため活力をみなぎらせていました。
この記事では、そんな時代における「『ヤンキー』および
『小学生男子』の部屋にありそうなものを
今購入したらいくらになるのか?」を調べてみました。
ホンダ「プレリュード」(ボディ)

ホンダ「プレリュード」(ボディ)

車種:ホンダ(HO) プレリュード XT クーペ

ショルダーフォン「IDO MT10-MB」

ショルダーフォン「IDO MT10-MB」

リゲイン「テレホンカード」

リゲイン「テレホンカード」




『ヤンキーの部屋にありそうなもの』今買うといくら??

80年代、それは現在では絶滅危惧種と言っても過言ではない
「ツッパリ」「ヤンキー」がいた時代。ボンタンなどの
変形学生服を身にまとい、薄く潰した学生カバンには
当然教科書は入っておらず、取っ手部分を赤色のものと交換し
「喧嘩売ります!」といった意味を持たせる不良も。
そんな彼らの部屋にありそうなものをいくつかピックアップしていきましょう。

ツッパリのいた時代《基本アイテム》

ツッパリのいた時代《基本アイテム》

まずはファッション関係のアイテムから。80年代ヤンキーの
定番の髪型と言えば「リーゼント」が挙げられますが、
この髪型を決めるためには整髪料が必須であり、「ポマード」が
一般的に使用されていました。現在でもポマードは市販されており
アマゾンで2680円で販売されているのが確認できます。
そして、ボタンを押すとナイフのような櫛が飛び出す
「ジャックナイフ型コーム」。これを持ち歩くことで
リーゼントが崩れたときに決め直すことが出来ました。
こちらもアマゾンで販売されており、1760円となっています。
バブロ「ポマード」

バブロ「ポマード」

¥2,680
ジャックナイフ型コーム

ジャックナイフ型コーム

¥1,760
一方、足元に目を向けると、「ドリフシューズ」という
靴が流行していました。デッキシューズとも呼ばれていた
この靴は通学用として使用されていましたが、ヤンキーは
かかとをはき潰し、あたかもスリッパのような形状にして
着用していました。現在でもモノタロウで同名商品が
販売されており、価格は1390円となっています。
ドリフシューズ(デッキシューズ)

ドリフシューズ(デッキシューズ)

¥1,390
ヤンキーと言えば喫煙、喫煙と言えばヤンキーの象徴でした。
未成年であるにもかかわらず、喫煙していないヤンキーと
いうのはほぼ存在しなかった印象があります。
そんなヤンキーの部屋に鎮座していたのが「LARKのゴミ箱」で
どこからか入手して部屋の片隅に置いていました。現在ではヤフオク!
で当時のものが出品されるケースが目立ち、価格は1100円程度
となっています。また、ZIPPOもヤンキー必携の品であり
珍しいデザインの場合はそれなりに高い値段で取引されています。
ヤフオク!ではBOØWYのZIPPOが4080円で取引されていました。
LARKのゴミ箱

LARKのゴミ箱

¥1,100
BOØWYのZIPPO

BOØWYのZIPPO

¥4,080
部屋の壁に目を向けると、アイドルのカレンダーやポスターなどが
飾られているケースが意外とありました。ヤンキーの間で特に
人気が高かったアイドルと言えば、「ビー・バップ・ハイスクール」
の映画に出演していた中山美穂や、その大人びた風貌から
ヤンキーっぽさが醸し出されていた工藤静香などが挙げられるでしょう。
試しに工藤静香の当時のポスターを調べてみると、1988年のヒット曲
「MUGO・ん…色っぽい」のポスターがメルカリで1600円で取引されていました。
工藤静香「MUGO・ん…色っぽい」ポスター

工藤静香「MUGO・ん…色っぽい」ポスター

¥1,600
本棚に目を向けると、ヤンキー系の雑誌や漫画が
雑に積まれたりしていました。特に人気が高かったのは
1987年創刊の暴走族向け雑誌「チャンプロード」で
「ティーンズロード」といった類似雑誌とともに、仲間と
ヤンチャしている写真を投稿し雑誌に掲載されることが
一種のステータスとなっている地域もありました。
「チャンプロード」の価格を調べてみると
1987年9月創刊号がヤフオク!で5000円で取引されていました。
当時の定価が280円のため、かなりのプレミアが付いていることが見て取れます。
チャンプロード創刊号

チャンプロード創刊号

¥5,000
80年代にヤンキーをやっていた方であれば身に覚えが
あるかもしれない「コルク半狩り」。「コルク半」とは
バイクを乗る際に装着する野球帽型のヘルメットの通称であり
フルフェイスのヘルメットに対し「半帽ヘルメット」とも呼ばれています。
かつてヤンキーの間では「この地域でコルクを被れるのは俺らだけ」
「コルクを被りたいなら上納金を払え」といったふざけたルールが
横行しており、それに反抗すると「コルク半狩り」と称し襲撃を
受けるという事態が発生することがありました。現在でも散発的に
この手の狩りは起こっているようです。この「コルク半」ですが
メルカリで調べてみると128000円で取引されていました。
意外と高いものもあるようです。また、狩りに使用したかもしれない
「木刀」についても調べたところ、アマゾンで2696円で販売されています。
コルク半

コルク半

¥128,000
木刀

木刀

¥2,696
また、青春(性春)時代をヤンキーとして過ごした世代としては
ラブホテルのメンバーズカードの所持数の多さもステータスの
一種として機能していました。このメンバーズカードについて
調べてみると、メルカリで5枚で800円で取引された例が確認できます。
ラブホテルのメンバーズカード

ラブホテルのメンバーズカード

¥800

以上、ヤンキーの部屋にありそうなものを

10品ほど挙げてみました。それぞれの価格は以下の通りです。

バブロ「ポマード」:¥2,680
ジャックナイフ型コーム:¥1,760
ドリフシューズ(デッキシューズ):¥1,390
LARKのゴミ箱:¥1,100
BOØWYのZIPPO:¥4,080
工藤静香「MUGO・ん…色っぽい」ポスター:¥1,600
チャンプロード創刊号:¥5,000
コルク半:¥128,000
木刀:¥2,696
ラブホテルのメンバーズカード:¥800

計¥149,106




『小学生男子の部屋にありそうなもの』今買うといくら??

次は、80年代の小学生男子の部屋にありそうなものを検証しましょう。
まず挙げられるのは、当時一世を風靡していたファミコン関連商品
ではないでしょうか。現在いくらで購入できるのかを調べてみたところ
ファミコン本体の新品はアマゾンで27580円(当時の定価は14800円)
ディスクシステムの新品はアマゾンで36800円(当時の定価は15000円)
で販売されていました。中古ではそれぞれその10分の1程度で入手可能ですが
当時同様に新品で購入するとなると現存数の少なさからプレミア価格になる模様です。
ファミコン本体

ファミコン本体

¥27,580
ディスクシステム

ディスクシステム

¥36,800
1987年にハドソンから発売され「1秒間16連射」の高橋名人の
影響で大ヒットを記録した「シュウォッチ」。こちらは2008年に
復刻版(定価:1680円)が発売されたりしているものの
人気が高くプレミア化しており、現在はアマゾンで11000円で販売されています。
シュウォッチ

シュウォッチ

¥11,000
本棚には、「ジャンプ」「マガジン」「コロコロ」「ボンボン」と
いった漫画雑誌を並べている子供が多かったのではないでしょうか。
そこで80年代の「月刊コロコロコミック」の取引状況を調べてみると
ヤフオク!にて80年代のコロコロの10冊セットが7500円で
取引されていました。当時の定価が330円程度だったのに対し
1冊あたり750円とプレミア化しています。
月刊コロコロコミック(10冊セット)

月刊コロコロコミック(10冊セット)

¥7,500
放課後になると真っ先に向かった人も多いであろう駄菓子屋。
80年代には「ビックリマンチョコ」が大流行し、シールの収集に
夢中になった方も多いかと思います。そんな「ビックリマンチョコ」ですが
現在でも様々なシリーズが販売されており、アマゾンに目を向けてみると
「悪魔だらけのビックリマンチョコ」が30個入りで3280円で販売されています。
1個あたり108円と、当時の定価30円からすると3倍以上の値段になっていますね。
また、昔ながらの「あんず棒」なども現行品として販売されており
アマゾンでは「あんず棒」の100個入りが2942円で販売されていました。
ビックリマンチョコ(30個入)

ビックリマンチョコ(30個入)

¥3,280
あんず棒(100個入)

あんず棒(100個入)

¥2,942
次はファミコン以外のおもちゃに目を向けてみましょう。
80年代の小学生男子のおもちゃの代表格と言えば「キン消し」が
挙げられます。当時おもちゃのガチャポンを回すなどして
手に入れていたキン消しですが、現在も新商品が定期的に発売されており
下記の「キンケシ01 BOX (12箱入り)」はアマゾンで2048円で
販売されています。また、食玩の代表格と言える「ビッグワンガム」
は復刻されており、こちらはアマゾンで4100円、ピストル型の爆竹と
して有名な「カネキャップ」はアマゾンで569円で販売されていました。
意外と現行で購入可能なものが多い印象です。
キン消し

キン消し

¥2,048
ビッグワンガム

ビッグワンガム

¥4,100
カネキャップ

カネキャップ

¥569
達に自慢できたであろう「多機能筆箱」。
実は今でも販売されており、下記の筆箱はアマゾンで2690円で販売されています。
多機能筆箱

多機能筆箱

¥2,690

以上、80年代の小学生男子の部屋にありそうなものを

10品ほど挙げてみました。それぞれの価格は以下の通りです。

ファミコン本体:¥27,580
ディスクシステム:¥36,800
シュウォッチ:¥11,000
月刊コロコロコミック(10冊セット):¥7,500
ビックリマンチョコ(30個入):¥3,280
あんず棒(100個入):¥2,942
キン消し:¥2,048
ビッグワンガム:¥4,100
カネキャップ:¥569
多機能筆箱:¥2,690

計¥98,429




まとめ

いかがでしたでしょうか?80年代当時の部屋にあったもの
の中で現在販売されていないものは多く、小学生男子部屋の
「ファミコン」「ディスクシステム」などは新品で購入しよう
とすると結構な値段がします。また駄菓子については
「あんず棒」は現行品として販売されている一方で
「梅ジャム」「ビンラムネ」といった駄菓子は姿を消しています。

2017年に製造終了となった「梅ジャム」

2017年に製造終了となった「梅ジャム」

全体的にみると、「新品で入手出来ない」
「復刻版や類似品であれば入手可能」といったものが
多いのですが、逆に当時ヤンキーに人気のあった
「ビー・バップ・ハイスクール」などは関連の新商品が
登場しており、Tシャツが発売されるなど今も人気コンテンツと
して君臨しています。「当時のヤンキー部屋/小学生男子部屋を
再現したい!」と思った方は、上記で挙げた品々に加えて
最近登場したグッズも揃えることで「令和ならではの懐かし部屋」
を作り上げることが出来るかもしれません。ぜひお試しください!

ビー・バップ・ハイスクールのTシャツ

ビー・バップ・ハイスクールのTシャツ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。