1995年、Jリーグの過熱と共に生まれた「Jリーグウイニングゴール」と往年の選手を振り返る

Jリーグの人気と共に発売された「Jリーグウイニングゴール」

Amazon | Jリーグウイニングゴール | ゲームソフト (2158188)

現在では様々なスポーツでプロリーグが開催されています。
しかし、Jリーグが発足する前はほぼプロ野球しかありませんでした。
そのような中、サッカー人気も上がり日本サッカーリーグが
プロ化へと舵を切り1992年に誕生したのがJリーグです。
発足が1992年、開幕が1993年で当時は10クラブが加盟し
そのクラブは「オリジナル10」と呼ばれています。
オリジナル10のクラブは「横浜マリノス」
「横浜フリューゲルス」「清水エスパルス」
「名古屋グランパスエイト」「ガンバ大阪」
「サンフレッチェ広島」「鹿島アントラーズ」
「ジェフユナイテッド市原」「浦和レッズダイヤモンズ」
「ヴェルディ川崎」でした。
その後、人気もうなぎのぼりでJリーグ加盟クラブは
18クラブになり、さらに1999年にはJリーグは
J1とJ2の2部制になります。
2014年にはJ3も開幕しました。
Jリーグを題材としたサッカーゲームである
「Jリーグウイニングイレブン」は
エレクトロニック・アーツ・ビクター株式会社から
発売されたファミリーコンピューター用ソフトで
発売されたのは1994年5月27日、Jリーグ発足から2年後の事です。
オリジナル10にベルマーレ平塚、ジュビロ磐田を
加え12クラブとなっています。
Jリーグ公認のゲームとなっていますので登場選手も
実名でまさにJリーグの選手・監督になった気分で遊ぶことができます。

エレクトロニック・アーツ・ビクター株式会社とは

エレクトロニック・アーツ・ビクター株式会社は
アメリカにあるエレクトロニック・アーツと当時
日本ビクターの子会社であったビクター音楽産業と
資本提携してできた会社です。
実力も凄く、アメリカのエレクトロニック・アーツは
PCゲーム専門の販売元でしたが、自社でゲーム開発を
開始し、有能なゲーム開発者を次々と獲得し2000年に
入ると世界最大のゲームソフト販売会社へと
成長したゲーム界でのトップ企業です。
現在ではビクターとの提携は解消し、提携先を
変えながら成長を続け今の社名は
エレクトロニック・アーツ株式会社となっています。
過去に販売されたゲームソフトには有名な名前も入っているので
「Jリーグウイニングゴール」期待できるゲームとなっています。

Jリーグウイニングゴールはどんなゲーム?

もちろん、Jリーグというだけにサッカーゲームです。
操作画面は横スクロール式になっていて、このころの
サッカーゲームといえば、ドリブルでガンガン抜いて
いきシュート!というイメージが高いのですが
このJリーグウイニングゴールはドリブル突破が
とても難しく、しっかりとパスを回していかなければなりません。
しかも、パスをするのもなかなかの難しさで
ゲームの質の高さを感じます。サッカーの経験者ならば
納得して遊べますが、経験がない方やあきらめの
早い方はあまり長続きしないゲームかもしれません。

Jリーグウイニングゴール発売時(1995年)の懐かしい選手を振り返る!

ドラガン・ストイコビッチ(名古屋グランパスエイト)

18歳の若さからユーゴスラビア代表で活躍し
ユーロ1984、ユーロ2000ではベスト8オリンピックには
1984年と1988年と2回出場、FIFAワールドカップでは
1990年と1998年に出場し1990年はベスト8進出
さらにベストイレブンにも選出されるなど
輝かしい功績をもつピクシーことドラガン・ストイコビッチ選手。
1994年に名古屋グランパスエイトに入団し
引退する2001年まで名古屋グランパスエイトで過ごしました。
素晴らしいプレイスタイルにも注目したが
審判に抗議する姿も記憶に残っています。
ちなみに、Jリーグ時代にもらった
イエローカードの枚数は69枚
退場は13回経験しており退場数はJリーグ№1です。

中田英寿(ベルマーレ平塚)

1995年、まさにこの年にプロデビューを果たした
中田英寿はFIFAワールドカップ3大会連続出場
アジア年間最優秀選手賞を2回獲得など
輝かしい功績を残し、2006年に引退を発表しました。
プロになる以前から注目を集めており、世界大会では
年代別でU-17世界選手権、U-19アジアユース
ワールドユース、オリンピックではその年代に
なる前に出場していて、最初に出場した
U-16アジアユースを加えるとすべての年代別
日本代表に招集されるなど実力は折り紙付き。
それを物語るように、1995年Jリーグクラブ数は
12クラブでしたが、中田英寿獲得に11クラブが名乗りをあげました。
他にも、1996年アトランタオリンピックでの
ブラジル代表を破る劇的勝利をおさめた
「マイアミの軌跡」や、海外のクラブチームでの
活躍など、日本サッカー界に与えた影響はとても大きいです。
そして、2006年6月におこなわれた
FIFAワールドカップドイツ大会で1分2敗で
決勝トーナメントに進出できなかった際の最終試合終了後
センターサークルに倒れこみ仰向けで物思いに
ふける姿は今でも鮮明に覚えています。
そして、同年7月に引退を発表しました




Jリーグオリジナル10のその後

Jリーグ発足時から参加しているオリジナル10といえば
Jリーグの憧れのチームだったことに違いはありません。
特に、ヴェルディ川崎は断トツな強さを誇り
人気も断トツでした。数々のスター選手を揃え
現在でも現役である「カズ」こと三浦知良選手や
ビーチサッカー日本代表の監督をつとめるラモス瑠偉選手
解説などで活躍している武田修宏選手、北澤豪選手など
スター選手を次々と輩出しました。
他にも鹿島アントラーズの元ブラジル代表のジーコや
名古屋グランパスエイト元イングランド代表の
ゲーリー・リネカーなど発足当時のオリジナル10が
Jリーグの勢いに拍車をかけたのは言うまでもありません。
いかがでしたか?
世界最大ゲーム販売会社まで上り詰めた、アメリカの
エレクトロニック・アーツ関連会社
エレクトロニック・アーツ・ビクター株式会社から
発売されたJリーグウイニングゴールのゲーム内容と
懐かしいJリーグを振り返ってみました。
この当時、Jリーグの過熱と共に、Jリーグに
関する様々な商品がヒットを飛ばしました。
ゲームソフトもサッカー関連のゲームが多数発売されました。
その中の一つのJリーグウイニングゴールは「本格的!」
という評価と共に「難しすぎる」という評価も聞こえてきます。
本格的で難しすぎるJリーグウイニングゴールで
あなたも日本一のJリーガーを目指してみませんか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。