ゲームボーイの名作カエルのために鐘は鳴るを覚えていますか?

「カエルの為に鐘は鳴る」はいつ発売?

『カエルの為に鐘は鳴る』は、1992年9月14日に
任天堂より発売されたゲームボーイ専用のソフトです。
「変身ギャグベンチャー」というキャッチコピーで
全体的にコメディチックなゲームで、ダンジョンはゼルダの
ような要素もありつつ、謎解きをしながら進むという
新しいRPGアクションゲームでした。
2012年に3DSのバーチャルコンソールとして復活しましたが
リメイクや続編などは登場していません。
音楽を担当しているのは、あつ森でおなじみ「とたけけ」
のモデルとなっている戸高一生さん。
いまだに根強いファンのいる、隠れた名作です。

ストーリーを簡単に説明します!

サブレ王国の王子とカスタード王国のリチャード王子はライバル同士。
サブレ王子は何度となくリチャード王子と
剣術の試合に臨むが、一度も勝てずにいた。
ある日、いつものように対決していると
2人のもとに、ティラミス姫の治める友好国
ミルフィーユ王国が謎の軍団「ゲロニアン」に占領されたという報告が届く。
2人はそれぞれ先を競うようにミルフィーユ王国へ向かうが
果たしてサブレ王子はリチャード王子よりも
先に姫と国を救うことができるだろうか。
主人公は、熱血漢で情にもろいが何でも
お金で解決しようとするサブレ王国の王子。
ライバルは、クールでオシャレなカスタード王国の
リチャード王子。悪の大王デラーリンにとらわれた
ティラミス姫を助けに行くというストーリーです。
ギャグ要素が多く、ふざけたゲームなのでは…?
と序盤は心配になりますが、最後には2人の
熱い友情に泣ける展開となっています。
 (2273943)
「たたかう」はわかるけど、「カネをやる」
という主人公はなかなかいないのでは…。




どんなゲームだった?

主人公のサブレ王国王子は、カエルになったりヘビになったりします。
カエルやヘビの特徴を活かしてダンジョンを攻略していくのですが
簡単そうに見えて意外と頭を使う、謎解き要素満載のゲームでした。
RPGの主人公は基本的にあまり喋らないイメージですが
この主人公はよく喋るという点がちょっと変わっていたゲーム。
よく喋ってくれるため、説明書を読まなくても主人公の人
となりがわかり、感情移入することもできました。
当時にしては珍しく、セリフに漢字が使われていたのも新しい点でした。

 

たくさんのパロディがあった?

「カエルの為に鐘は鳴る」では、登場人物や地名などに
今では考えられないようなパロディがたくさん散りばめられていました。
プレイしていた小学生当時は気づかないネタも多数でしたが
許可を取っているのか心配になるような攻めたものもありました。
・ゲームタイトルが、ヘミングウェイの「誰がために鐘は鳴る」のパロディ
・ゲロベップ温泉(下呂・別府温泉?)
・カザンの名前が、フーリン火山
・火山で仲間になる「カザンオールスターズ」
・カザンオールスターズのリーダーの名前がヘースケ(桑田佳祐?)
・埋蔵金堀りに夢中なこぴーらいたー(糸井重里?)
・東京コミックショーZというキャラクター。「レッドスネークカモーン!」
・ナンテンドウ=任天堂?自社パロディ。
・回復アイテムに「ワイン一番搾り」

王子たちは他のゲームにも友情出演

主人公サブレ王国の王子は『大乱闘スマッシュブラザーズ』、
ライバルのリチャード王子は、『ゼルダの伝説夢を見る島』に出演しています。
まさかの登場に、本作ファンは歓喜でした。
リチャード王子の家にはカエルがいっぱいいますね。
登場シーンでは、カエルの為に鐘は鳴るのお馴染み
BGMも流れていて、本作ファンは歓喜でした。
リチャード王子の家には、カエルがいっぱいいますね。
家のBGMではお馴染みのBGMも流れていました。
リチャード王子が3D仕様に!
カエルもヘビもかわいいですね。

ユーザーの声

発売から30年近くなりますが、いまだに名作として語り継がれているこのゲーム。
リメイクや続編を期待する声も多く挙がっています。
微妙なパロディが多かったため、なかなか難しいのかもしれませんが…。
ファンとしてはぜひ、Nintendo Switchなどでもプレイできると嬉しいです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。