エニックスや光栄が世に送り出した「80年代前半のエロゲー」の数々!!

エニックスや光栄が元々エロゲーを作ってたってご存知ですか?

80年代から大ヒットゲームの数々を生み出し続けている
「エニックス」と「光栄」。前者は「ドラゴンクエスト」
後者は「信長の野望」などが有名ですが、そのヒット以前に
お色気系のゲームを制作していたのをご存知でしょうか?
この記事では、80年代前半にエニックスと光栄が制作していた
「エロゲー」にスポットを当ててみたいと思います。
こちらは皆さんご存知の「信長の野望」です

マリちゃん危機一髪

1983年2月、エニックスから発売された「マリちゃん危機一髪」
気になるゲームの内容は「野球拳」で、九十九電機が先駆けて
発表した同様のゲームに影響を受けています。ジャンケンで
ステージをクリアするごとに、女の子が服を脱いでいくと
いう至ってシンプルなゲームです。また女の子の顔が
永井豪風ですが、これは永井豪の弟子にあたる
槙村ただしがゲームの制作に携わったためです。
 (2082492)

プレイ画像はこちらです!

PC88 マリちゃん危機一髪 レトロゲーム

『とにかく早い者勝ちっ!』ドメイン取るならお名前.com

ロリータ・シンドローム

1983年10月、エニックスから発売された「ロリータ・シンドローム」
当時の“ロリコンブーム”に乗って制作されたゲームで
「メゾンロリータ」を舞台にステージをクリアするとお色気シーン
を見ることが出来ます。しかし、クリアに失敗すると女の子が
のこぎりで真っ二つになるなど少々グロテスクな描写も。
絵柄が絵柄なので大したことはありませんが…。
 (2082493)

プレイ画面はこちらです!

ナイトライフ

1982年4月、当時の光栄マイコンシステムから発売された
「ナイトライフ」。このゲームが日本初のエロゲーと
言われています。ゲームの内容ですが、80年代後半以降に
見られるような美少女ゲームではありません。
「夜の夫婦生活をサポートする」ために、安全日の計算や
体位の決定などの機能があるユーティリティソフトでした。

プレイ画面はこちらです!

 




団地妻の誘惑

1983年6月、光栄から発売された「団地妻の誘惑」
このゲームを制作するにあたり「ストロベリーポルノシリーズ」
というレーベルが用意されました。セールスマンである主人公が
団地に住む女性に避妊具を売り込むという内容でゲームを進めるために
ステータスを上昇させる必要があり、「信長の野望」などと
同様のシステムが採用されていたことがわかります。
ちなみに、ゲームでは女性のヌードシーンは登場しません!
昔のPCゲームってカセットテープもありましたよね!

プレイ画面はこちらです!

[PC98]団地妻の誘惑 Introduction

オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか?

1984年11月、光栄より発売された「オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか?」
タイトルの元ネタはSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」で
マップ上の主人公を操作するなどRPGの要素も含んでいました。
なお、上述の「ナイトライフ」「団地妻の誘惑」と本作を合わせて
「光栄アダルト三部作」と呼ばれています。

プレイ画面はこちらです!

80年代のエロゲーを更に深く探求したい方はこちら!

いかがでしたでしょうか?両者ともに一流の
ゲームメーカーだけあって、当時から挑戦的な作品を
制作していたことがわかります。当時のエロゲーを更に
詳しく知りたい方はいくつか書籍が出ていますので
是非チェックしてみましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。