懐かしのゲーム紹介『もっともあぶない刑事』ファミコン

もっともあぶない刑事

発売日 1990年2月6日 火曜日
価格(販売当時) 5,300円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 M+64KRAM
メーカー 東映動画
ジャンル アクション

ファミコンの進化に逆行するショボいグラフィック&ゲーム性

映画の3作目に当たる同名タイトルをモチーフにしたファミコン版

『もっともあぶない刑事』。リリース時期はファミコンの歴史でも後期に当たる。

燃えゲーの後は別の意味で炎上してしまっているこの作品。
同名の刑事ドラマのゲーム化作品で、例によってアクションゲーム。
原作も真っ青な意味不明なストーリー展開と、
ドラマでもここまで酷いドンパチはなかっただろうと思えるほどの撃ち合い、
銃弾だろうが落石だろうが火炎放射だろうがダメージは一律1のリアリティのなさ等、
色々な意味でこれでもかという程の原作破壊っぷりを発揮しているクソゲーである。

 

操作性が悪いが、最大ライフ10に対し件の一律1ダメージのおかげで比較的サクサク進む。
ちなみにコンティニューはその場復活で3回までできる。
途中何故か3Dシューティングやカーチェイスを行う場面があるが、
即興で何とかできるほどのものなので問題は無い……はず、たぶん。
アクションゲームが上手い人なら一発クリアも夢じゃない難易度。

 

操作方法
十字キー ←→…移動・↓…しゃがむ
A 撃つ
B ジャンプ
スタート ポーズ・ポーズ中にAで武器切り替え

 

※しゃがみ撃ちはかなり強いです。同じくしゃがみ撃ちをしてくる敵以外にはほぼ無敵。

 

アイテム MAP上にあったり敵を倒すとランダムで出現 正直ハート以外必要な(ry
ハート 体力が3回復、最大値は10
マシンガン 4連射可能なマシンガンの弾数が10増える
手榴弾 手榴弾1個増加。強力そうだが大抵の敵は銃1発で倒せるので(ry





2P主
エンディングの違いはあるのかどうか。
原作を知らないのでストーリーはよく分からない…。
2Pでガンシールドおいしいです。
でもロードファイターで即死は勘弁

ラスボスのまえお。
後ろからザコが沸くので一人は後ろを向くと楽です

そして刑事たちは今日も逝く(笑)

スタッフロール




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。