懐かしのゲーム紹介『忍者じゃじゃ丸くん』ファミコン

忍者じゃじゃ丸くん

発売日 1985年11月15日 金曜日
価格(販売当時) 4,900円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 256K
メーカー ジャレコ

忍者じゃじゃ丸くんとは ジャレコが1985年11月にファミコンで 出したアクションゲーム。

操るキャラは 忍者くんでは無く、その弟のじゃじゃ丸である。

忍者くんは修行に行っていていないとの事で代わりにさらわれた

「さくら姫」を助け出すと いうストーリーです。

武器は忍者らしく手裏剣を使用している。 全21シーン。

各シーンに出てくる敵を 全てやっつけるとシーンクリア。

制限時間があるのでもたもたしている とダメである。

また忍法ガマパックンに よって無敵状態になれる。 このゲームは、UPLから発売された

「忍者くん 魔城の冒険」のスピンオフ 作品である。

ちなみに、この忍者じゃじゃ丸くん よりも少し前に「忍者くん」というゲームを

同じくジャレコが発売している。 ジャレコは忍者ものが好きのようだ。




キャラクター

じゃじゃ丸

f:id:zel_8bit:20181107004238j:plain

主人公。

前作の主人公である忍者くんの弟にあたる。

手裏剣と忍術で妖怪たちをなぎ倒す。

さくら姫

f:id:zel_8bit:20181107005427p:plain

なまず太夫に捕らわれた姫。

ゲーム中にボーナスステージに行くのに必要なアイテムを落とす。

なまず太夫

f:id:zel_8bit:20181107005446j:plain

妖怪軍団の親玉。

通常ステージではさくら姫とともに画面上部にいる。

タイマーが少なくなると爆弾を落として邪魔してくる。

おゆき

f:id:zel_8bit:20181107004259p:plain

氷剣を撃ってくる雪女。

最初に登場する敵。

クロベエ

f:id:zel_8bit:20181107004720j:plain

鎌型手裏剣を撃ってくるカラス天狗。

武器の発射間隔がおゆきより短い。

カラカッサ

f:id:zel_8bit:20181107005603p:plain

下駄を撃ってくる唐笠お化け。

頻繁に跳ね回りじゃじゃ丸を気絶させようとする。

ヘドボン

f:id:zel_8bit:20181107005356g:plain

骨を撃ってくる黒装束を着た骸骨。

武器スピードが速い。

ピン坊

f:id:zel_8bit:20181107004703j:plain

目玉を撃ってくる一つ目小僧。

気絶させないと倒せない。

カクタン

f:id:zel_8bit:20181107004356g:plain

壁を撃ってくる塗壁。

ピン坊と同じく気絶させないと倒せない。

ゲーム進行

ゲームは全部で21シーン(ステージ)用意されていて

各ステージの敵キャラをすべて撃破すると次のステージに進んでいきます。

各ステージにはボス的なやや強いキャラクターが待ち構えており

これを武器である手裏剣やアイテムを駆使してクリアしていきます。

昔のファミコンでよくありがちなシステムになっていて、全部のステージを

クリアしてもまた最初からやり直しになりループしていくという仕様になっています。

全部のボスをクリアしてもさくら姫を救出できるわけではなく

救出するためにはさくら姫が落とす花びらを3枚入手すると

ボーナスステージに行くことができますので、そこでなまず太夫を撃破するとさくら姫を救出となります。

謎に隠されていた19~21面はオールスター面だった
そしてそれを越えた先にあるのは・・・・
 

ループです。。。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。