懐かしのゲーム紹介『パチンコ大作戦2』ファミコン

パチンコ大作戦2

物語の主人公は、普通のサラリーマンという設定から始まります

プログラマーをしている主人公は、暇があれば大好きなパチンコを楽しむ日々でした。

しかし、そんな主人公は仮の姿、ひとたび内線#008で呼び出されると

秘密工作員として任務をこなすスーパーサラリーマンという設定でした。

そして1作目に引き続きパチンコ大作戦2も同じ設定です。

ソース画像を表示

 

発売日 1992年7月19日 日曜日
価格(販売当時) 6,900円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量
メーカー ココナッツジャパン



パチンコ台が爆発します

パチンコ大作戦2では任意で制限時間の設定が有る無しを選べるのですが
制限時間有りにすると大変なことがおきます。
パチンコ台を打っているときに、制限時間が訪れるとパチンコ台が爆発します。
主人公はどうなるかというと、一回目の爆発ではケガをしてしまいます。
ケガをしたまま、パチンコを再開するのですが、制限時間が訪れると
パチンコ台がまた爆発します。
2回目の爆発ですので、大ケガをしてしまいます。
そして、またパチンコを打ち、次に制限時間が訪れると、もちろんパチンコ台は爆発します。
3回目の爆発では、主人公のお墓が登場する演出を迎え、ゲームオーバーとなります。
パチンコを打つのも命がけでした。

 

再開!そして・・・             KISS♪

トホホ・・・
 
スタッフロールです

おまけ

 

パチンコはまさに命がけだ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。