懐かしのゲーム紹介『ゴルフJAPANコース』ディスクシステム

ゴルフJAPANコース

ディスクシステムのシャッター付青色ディスク対応ソフト第1弾になるゴルフゲーム。
ディスクファクスを使って全国ランキングトーナメントが開催された。
発売日 1987年2月1日 日曜日
価格(販売当時) 3,500円
メディアタイプ ディスクシステム
データ容量
メーカー 任天堂



ディスクシステムで、初のディスクファクス対応青色ディスクとして発売された。

タイトルにマリオの名前こそ付いていないが

プレイヤーキャラはマリオであると説明書にも記載されており

ソフトパッケージにもマリオが描かれている。

 

f:id:zel_8bit:20190328213335p:plain

ファミコンカートリッジ版ゴルフを
踏襲して主人公をマリオにしたディスク版ゴルフゲーム。
1人用は、ストロークプレイで強さは7段階のコンピュータと対戦形式。
2人用は、マリオ(1P)とルイージ(2P)のマッチプレイ形式。
全18コースでアウト9、イン9のパー72構成。

コントローラー操作

十字キー左右 : 方向変更
Aボタン : スイング開始・パワー決定・インパクト決定
B+上下 : クラブ変更
B+左右 : スピードスピード変更
SELECT :スイング練習
START : グリーン・成績確認

ゲームシステム

画面は左右に分かれており、右半分はコースの俯瞰図

左半分はスイング地点後方からの3Dビューとなっている。

ゴルフゲームとしての基本操作は、同社より1984年に発売された『ゴルフ』をほぼ踏襲している。

f:id:zel_8bit:20190328213213p:plain

ゴルフゲームとしては完成されたシステムだったので

下手に弄らなかったことは任天堂の英断だと言える。

操作方法で『ゴルフ』と比べて変わった部分は2つ。

f:id:zel_8bit:20190328213233p:plain

1つめはスイングの「スピード」選択が可能になり速くすることに

より飛距離が伸ばせるようになったこと。

しかしカーソル移動も早くなるため正確なショットが打ち辛くなる。

2つ目はインパクトの中心幅がクラブによらず一定となったこと。

これによりドライバー以外のクラブでもボールコントロールが難しくなっている。

f:id:zel_8bit:20190328213246p:plain

なお、本作JAPANコース・続編のUSコース共に国名で登場しているが

特定の有名コースではなく、全てオリジナルのコースと思われる。

 

青いディスクカード

ディスクシステムは黄色のディスクが一般的だが

後期には青色のシャッター付きのディスクを必要とするソフトも発売された。

f:id:zel_8bit:20190328213609p:plain

青いディスクカードは、198本販売されたFDS専用ソフトの中でも『ゴルフJAPANコース』『ゴルフUSコース』『中山美穂のときめきハイスクール』『ファミコングランプリ F1レース』『ファミコングランプリレースⅡ 3Dホットラリー』『リサの妖精伝説』の6本だけであった。

f:id:zel_8bit:20190328213619j:plain

青ディスクには書き換えソフトの制限は無いが、逆に黄色ディスクを

青ディスク用の前記6タイトルに書き替えることはできないので

実質黄色ディスクの上位互換と言う位置付けであった。

 

全国トーナメント

青色のシャッター付きディスクカード(FSCカード)のみで参加可能な大規模な全国トーナメント。

日本全国約400箇所の販売店舗に設置された「ディスクファクス」を

利用してデータの送信はファックスのシステムを応用して行われた。

ユーザーはスコアをディスクカードにセーブし、任天堂のホストコンピュータに

データを送信し手作業でまとめて受信していた。

入賞者の特典

記念盾

上位100名の入賞者のみがもらえた。

オリジナルコースが収録されたゴールドディスク

上位100名の入賞者と101位以下の参加者にも抽選で5000名がもらえた。

コースの難易度は通常より高く設定されていて、タイトル画面には

大きく「入賞」と書かれていた。

ゲームレビュー

このゴルフJAPANコースの何が画期的かと言うとファックスの

通信機能を利用した全国ランキングシステムでした。

それはまだインターネットのないこの時代ならではののんびりしたものでした。

ゲームシステムはファミコン版のゴルフとほぼ同じですが

キャラクターがマリオになりBGMが付いたことでポップな印象になりました。

難易度は任天堂のスポーツゲームらしく、操作に慣れて練習すれば

誰でもそれなりに楽しめるレベルでした。

それにしても子供向けのメディアでゴルフの全国大会とは、まあこれも時代なんでしょうね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。