懐かしのゲーム紹介『ファミリーボクシング』ファミコン

ファミリーボクシング

発売日 1987年6月19日 金曜日
価格(販売当時) 4,900円
メディアタイプ カートリッジ
データ容量 1M
メーカー ナムコ

『ファミリーボクシング』は1987年6月19日に ナムコよりファミコン用ソフトとして発売されたボクシングゲーム。

ファミリースタジアム、ファミリージョッキーに続き 「ナムコットファミリーシリーズ」の第三弾として登場。

アーケードゲームの『キングオブボクサー』の移植である。

 

ファミリーコンピュータでは初めての本格ボクシングゲームである。

オーソドックスなボクシングゲームだが、数種類のパンチ&ディフェンスや

必殺パンチなどを駆使して試合を進める。ユニークなシステムを 多数採用しておりゲームとしての完成度は高い。

1987年11月に『マイクタイソン・パンチアウト!!』が 発売されるまでは

ファミコンのボクシングゲームと 言えば本作と言うくらいボクシングゲームとしてメジャーな作品であった。

プレイヤーはボクサーを操作し、新人戦から始め 最終的には世界チャンピオンを目指す。

ボクサーは与えられたパワーポイントを 「パンチ」「スタミナ」「スピード」の3種類のステータスに 配分して好みの選手に調整できる。

f:id:zel_8bit:20190216182637p:plain

試合をこなすとパワーポイントを獲得でき さらに能力を伸ばすことができる。

試合内容が好成績で あればたくさんのパワーポイントが与えられる。

カウンターパンチの存在や、パンチの空振りをすると 体力の消耗が激しいことなど、なにげにボクシング要素が取り入れられてる。

f:id:zel_8bit:20190216182702p:plain

セーブ機能が無かった時代ではあるが、パスワードがあり 続きからゲームを始めることができる。




必殺パンチ

f:id:zel_8bit:20190216182743p:plain

このゲームで一番のインパクトは、やはりコミカルかつ ダイナミックな必殺パンチであろう。

間合いを詰めながらタイミングよく攻撃ボタンを 押すことで発動するこれらの技は、

文字通り 一撃必殺・一発逆転の威力を秘めている。 しかし必殺パンチを繰り出したときに

カウンターを 合わせられると大ダメージを受けるので注意だ。

きりもみフック

f:id:zel_8bit:20190216182036j:plain

強烈なフック。相手はコマのように激しく回転する。

すっとびストレート

f:id:zel_8bit:20190216182114p:plain

相手をロープまで飛ばしてしまう強力なストレート。

ふっとびアッパー

f:id:zel_8bit:20190216182102p:plain

空中高く相手を飛ばすアッパーカット。

さらに、絶好のタイミングで決まれば リング外までふっとびTKOとなる。

インターバル

f:id:zel_8bit:20190216182809j:plain

インターバルではA・Bボタンを連打する事に よりわずかに体力を回復させることができる。

ボクサーにとっては休息をとる1分間だが プレイヤーは必至で

ボタン連打しなければ ならないのでめちゃくちゃ疲れる(笑)。

■裏技

最強選手 名前を「MAHHA●●2」(●●は空白マスです)にして

パスワードを「9999999999」と入力すると POWER99の選手でプレイできる




全国チャンピオン・トーナメントがあったんです!!

f:id:zel_8bit:20190216183227p:plain

本作の発売2週間後に、メーカーのナムコ主催で『全国チャンピオン・トーナメント』というイベントが行われた。

各地区で『ファミリーボクシング』の大会を開き、各地区大会のチャンピオンが東京に集まり決勝トーナメントを戦うものであった。

f:id:zel_8bit:20190216183552p:plain

決勝トーナメント出場者は全員ディズニーランドのチケットと

本作のゴールドカードリッジ版を贈呈された。

この非売品ゴールドカードリッジはマニアの間で〇十万円の価値が付くそうですよ…。

いいなぁ (笑)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。