残念ながら発売されなかった『ドタ君の冒険浪漫』

ドタ君の冒険浪漫

↑同一人物とは思えない 笑

メーカーはイマジニア。

PC-88・MSXで発売された『冒険浪漫』の移植作。

初期発表時のゲームタイトルはそのまま『冒険浪漫』でしたが

後にディスクシステムからカセットでの発売へと

変更されたあたりで タイトル名も『ドタ君の冒険浪漫』に改題。

発売日は1987年6月下旬 (ディスクカード) → 8月下旬 (カセットに移行) → 9月4日 → 9月下旬 → 12月下旬 → 1988年3月… と

延期を繰り返していき、とうとう88年6月頃に聖書1999、コズミック・システムとともに発売中止を発表。

ゲーム内容はメトロイドのような探索型の要素を含んだ面クリア型の横スクロールアクション。

8×8画面のフィールドを探索してパワーアップアイテムを集め、ステージを攻略していくというスタイルです。

またPC版そのままの移植ではなく、ステージ3が宇宙ステーションに変更されるなど

ファミコンならではのアレンジが加えられていたようです。

なお遊べる段階のサンプルカセットが出来上がっていたという噂がありましたが…ホントかな?

ドタ君は4つのステージに待ち構えるボス、トルゥーダを倒し
最終ステージの大ボスを倒さなければならないが、 行く手をはばむのは
モンスターに改造された人間たちだった。各ステージの道端にはなぜかドタ君を
パワーアップさせる アイテムが落ちているらしい。アイテムは手榴弾、フライングキャップ
ライフカプセルなどなど、とくに特筆すべきものはない。
ところで、なんで僕がこんなに詳しいのかというと、なんとこのゲーム、
発売前にファミマガで特集がくまれていたのだ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。