発売されなかった幻のソフト『モンスターパーティ』

モンスターパーティ

ひょんなことから、パロディ・ワールドに迷い込んでしまった少年がモンスター相手に大活躍する
パロディ・ホラーアクションゲーム。ストーリーはいわゆる「どこかに召還されちゃった物」である。
全15ステージからなる横スクロールアクションゲームで、 各ステージには5~6個の部屋があり
その中には上の画面のような大きな敵キャラが待ち構えていた。


(画はたまたまパックンフラワーみたいなな奴だが、他にもたくさんいるのだ)
少年はカプセルというアイテムを取ると怪竜バリューに変身するらしい。
バリューに変身すると空を飛べたり、炎で攻撃できたりと、格段にパワーアップするのだ。


しかし開発が進むにつれ、ステージは全8ステーに変更され、 内容もギャグを満載して
パロディ色を強調させていったという裏話がある。 (まあ結局、出なかったんだけれども)
画面を見てもわかるように雰囲気は不気味だが、キャラクターにどことなく可愛げがある。
なんとなく「スプラッターハウス」を彷彿とさせるゲームだ。
このゲームは海外では発売されている。というか、どうも海外で発売されているものを移植しようとしただけらしい。




ストーリー

ゲームは紙芝居仕立てのストーリーモードから始まる。
「実はオレの住んでる世界でモンスターが暴れまわってて困ってるんだ。それで助っ人を探しに来たんだ。」 だってさ。
毎度おなじみの展開だが、なぜこんないたいけな少年がその標的になるんだ!?

主人公の少年はバリューに変身すると空を飛べたり炎で攻撃できたりする。
この少年・・・モンスターだったのかよ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。