懐かしのゲーム紹介『スペースハリアー』PCエンジン

スペースハリアー

発売日 1988年12月9日 金曜日
価格(販売当時) 6,700円
メディアタイプ Huカード
データ容量 4M
メーカー NECアベニュー

『スペースハリアー』は1988年12月9日に NECアベニューから

PCエンジン用ソフトとして移植発売された擬似3Dシューティングゲーム。

オリジナルはSEGAが1985年に稼働させた アーケードゲームである。

PCエンジンのCPUの速さを生かして 60fpsの動作を実現しておりまた敵の出現 パターンも

ほとんどアーケード版に忠実なため ゲームとしての移植度は非常に高い。

PCエンジンでは初の4メガビットのHuカード として発売されたタイトルでもある。

f:id:zel_8bit:20190622101142p:plain

ひとつ目のマンモスや、双頭のドラゴン 2足歩行のロボットや近未来型ジェット機など

奇妙なキャラクターたちが数多く登場する 不思議な世界観に昭和の子供達は夢中になった。

 

PCE版スペースハリアー

f:id:zel_8bit:20190622101117p:plain

本作は1987年~1988年にかけてたくさんのパソコンで移植された。

PCE版のスペースハリアーはNECアベニューにより「X68000」版を元に制作されている。




ストーリー

f:id:zel_8bit:20190622101549p:plain

遥かな宇宙の果てにある平和なドラゴンランドは、凶悪な魔生物の襲撃により、今や魔生物や破壊マシーンの巣窟と化していた。

ドラゴンランドの守護龍ユーライアからの救援の声をキャッチした若き超能力戦士ハリアー

ドラゴンランドの危機を救うべく、ショットガンを手に単身、ドラゴンランドへと突入していったのである。

 

ゲームシステム

f:id:zel_8bit:20190622101203p:plain

操縦桿で主人公ハリアーを操作し、発射ボタンで弾を撃ち、全18ステージで構成される幻想的な異世界で敵や障害物などを破壊したり避けながら突き進む。

敵弾・敵・障害物に接触するとミスになり残機を一つ失う。

ステージを一定以上進行するとボスキャラクターが出現する。

ボスキャラクターを撃破するとステージクリアとなり、次のステージに移行する。

f:id:zel_8bit:20190622101232p:plain

余談だがこのゲームには黒い「ドム」というボスが存在し、三機編成でどう見てもジェットストリームアタックに見える攻撃を仕掛けてくる(笑)

しかし現在は色々著作権も煩くなっているためか「VAREL」という名前に変更されている。

f:id:zel_8bit:20190622101254p:plain

最終ステージではこれまでのボスとの連戦となり、全ての過去面ボスを撃破すると最終ボスである「HAYA-OH」との対決となり、倒すとゲームクリアとなる。

ちなみにこの「HAYA-OH」の名は、当時のSEGA社長である中山隼雄氏に由来するとされている。

ゲーム雑誌「Beep」のインタビュー記事にて製作者が「嫌な上司の名前をつけた」と答えている(笑)

 

 

SEGA AGES スペースハリアー

f:id:zel_8bit:20190622085103j:plain

セガゲームスは、ニンテンドースイッチ向けシューティング『SEGA AGES スペースハリアー』の詳細を公開した。

アーケード版の迫力はそのままに、ワイド画面対応、家庭用最終ボス「ハヤオー」の追加など、ニンテンドー3DS版での追加要素も収録。

f:id:zel_8bit:20190622085122j:plain

アーケードの筐体の雰囲気を模した壁紙ブラウン管風の画面表示なども搭載していまる。
さらに新たなゲームモード「コマイヌ・バリア・アタック」を追加。

強力な仲間を得て、『スペースハリアー』が苦手だった人でも快適にプレイ可能。

配信日は2019年6月27日で価格は925円(税別)。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。